マンションなのに一晩中大音量でゲームをする夫。おかげで私は不眠症に.../くるぴた

マンションなのに一晩中大音量でゲームをする夫。おかげで私は不眠症に.../くるぴた

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/01/17

皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。

ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。

【前回】我が家が貧乏なのは「猫」のせい? 光熱費すら払えない薄給夫の根拠なき主張/くるぴた

【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5回会っただけでスピード婚! しかし気になる謎の壁穴.../くるぴた

No image

元夫(以下夫)の趣味はゲームや音楽を聴くこと。

しかし、それは周囲にとっては物凄く迷惑でした。

自分の部屋で普通にゲームをしたり曲を聴いたりするだけだったら何の問題もないけれど、夫が趣味に没頭する時は必ずとんでもない大音量で聴くのです。

しかも夕飯を食べてお風呂から出た後は、残りの時間を全て趣味に費やすので、下手すると6時間から7時間の長時間に及ぶこともあります。

私は今でも時々睡眠障害に陥ることがありますが、もともとのきっかけは夫が長時間大音量でゲームをしていたからです。

離婚して、ようやく静かな夜が訪れるようになったのですが、その時に患った不眠症が時折何かの拍子で再発するので、今でも苦労しています。

当時飼っていた猫が人とは寝ないで、押し入れの中にあるたたんだ布団の間に入って寝ていたのも、多分これが原因でしょう。

夫の私室には、5か所にスピーカーが置いてあり、ゲームやステレオはアンプに繋がれていて、四方から音が聞こえるようになっています。

そのスピーカーから、耳の遠いお年寄りがテレビを見るときの音量よりも大きな音をガンガン鳴らしながらゲームをしていたのです。

おかげで私はほとんど毎日、夫が寝る午前2時過ぎまで寝ることができませんでした。

本人には 「うるさいからやめて欲しい、せめてヘッドホンをしてほしい」 と何度も頼んだのですが、どこ吹く風。

当人はいたって平気な顔で

「俺の買った家で俺が好きなようにしてどこが悪いのか。 あとこの部屋は北側で大きい道路に面しているから、上下の住人もここは寝室に使ってはいないはず。そもそも鉄筋なんだから、多少音を出しても平気だ。人にとやかく言われる筋合いは無い。それにヘッドホンをすると耳が痛くなるし、画面に集中できないから嫌だ」

などと子どもが駄々をこねるようなこと言い、取り合ってくれません。

いくら道路に面していようが、北側だろうが、3LDKの間取りだったらLDK以外は個室になっているのが普通です。

絶対この上下階の部屋で寝ている人がいるはず...

実際、この結婚生活の十数年の間に、上と下の階の人が引っ越しているのです。

分譲マンションなのに...。

よく怒鳴り込まれなかったものだと今でも思います。

しかし数年後、夫は私が話しかけると「何だ?」と聞き返してくることが増えてきました。

もしかしたらずっと大音量に晒されて、何か聴力に異常をきたしたのでは......?

「一度病院で診てもらったほうがいいんじゃないの?」 と言ってみたのですが本人は全然その気になりません。

「そんなの別になんともない、面倒だからいい」 と、のらりくらりかわしてばかり。

仕方なく、夫の勤め先の近くの耳鼻科に電話して、仕事が終わって30分後に予約を取り 「私も一緒に行くから、絶対に行って欲しい」 と昼休み、夫に電話を掛けました。

夫は気乗りしない様子でしたか、会社の出入り口で待ち伏せをしていた私の顔を見ると、しぶしぶ病院に付いてきました。

診察時間まで待合室で、もしも難聴だったらゲームの時の音量を下げて欲しいと話をしましたが、夫は返事をしません。

名前が呼ばれ、夫が診察室に入ってしばらく経った頃。

診察室のドアが開き、看護師さんが 「◯◯さんの奥さんいらっしゃいますか?」 とこちらを呼びました。

何かあったのかと診察室に入って夫の隣に立つと、先生がこんな事を言いました。

「旦那さんですが、聴力に問題はありません。でも耳垢がすごい溜まっていて、とくに左耳の方が塞がりかけていました。今回はこちらで掃除しましたけど、もし本人が苦手なようでしたら、奥さんが掃除してあげてくれませんか」

一瞬、言葉に詰まりました。

難聴ではなくてホッとしたものの、そんなに耳垢が溜まっていたのかと言う驚きと、あまり清潔でない夫の耳をいじるのは、正直、抵抗があったからです。

先生には「はい」と答えましたが、結局夫の耳を掃除する事はなく、本人に任せました。

ゲームなどはその後も変わらず大音量でやっていて、何度か音量落とすように注意はしましたが、一向に変わらず...。

離婚した今、元夫がどうしているかは分からないのですが、できれば耳掃除くらいはしていて欲しいと思っています。

【まとめ読み】モラハラ変人夫と熟年離婚へ! くるぴたさんの記事リスト

くるぴた

モラハラ変人夫との「追いはぎに遭ったような」結婚生活を終わらせた『くるぴた』です。現在は病院で清掃のパート等をして、生計を立てています。親も子も無いアラ還の独り暮らしは寂しいけれど、離婚によって多くのストレスから解放されたので、後悔はありません。ブログ『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人です。

※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加