阪神梅野が右翼ポール直撃6号「3点目ほしかった」

阪神梅野が右翼ポール直撃6号「3点目ほしかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

阪神対ヤクルト 6回裏阪神無死、梅野は右越え本塁打を放つ(撮影・上山淳一)

<阪神5-0ヤクルト>◇16日◇甲子園

阪神・梅野隆太郎捕手が6回に6号ソロを放った。6回の先頭で打席に入り1ボール2ストライクからのヤクルト梅野の150キロ高め直球をとらえると、打球はライナーで右翼ポールを直撃した。

「3点目がほしかったですし、追加点を取るためにも何とか出塁したいと思っていました。打つことができてよかったですし、いい追加点になりました」とコメントした。

本塁打は10月1日の中日戦以来。この日は4回に先制の左翼線二塁打を放つなどバットでも、先発西勇を援護している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加