「ライムの絨毯爆撃」圧倒的な火力で制圧するヨコハマ「HUNTING CHARM」を『ヒプマイ』キャスト×クリエイターが語る!

「ライムの絨毯爆撃」圧倒的な火力で制圧するヨコハマ「HUNTING CHARM」を『ヒプマイ』キャスト×クリエイターが語る!

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2021/11/25
No image

『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』≪2ndD.R.B≫を通して、魂をぶつけ合った6つのディビジョン。イケブクロ、シンジュク、シブヤに続き、11月17日にはオオサカ、ナゴヤ、ヨコハマの各キャストがクリエイター陣とともにディビジョン曲への想いを語り合う動画が公開された。この記事ではヨコハマ・ディビジョン(MAD TRIGGER CREW)が「HUNTING CHARM」について語る模様をフィーチャーする。

【動画】「ライムの絨毯爆撃」圧倒的な火力で制圧するヨコハマ「HUNTING CHARM」

碧棺左馬刻役・浅沼晋太郎、入間銃兎役・駒田航、毒島メイソン理鶯役・神尾晋一郎、そしてリリックを手がけた玉露(ICE BAHN)が、さまざまな角度から楽曲への想いや制作秘話などを激白。「HUNTING CHARM」を一言で表すならの問いに対して、「ライムの絨毯爆撃」(浅沼)、「燃やせ」(駒田)、「殲滅」(神尾)と、それぞれに殺傷力の高い言葉で表現したキャスト陣。

一方クリエイターである玉露は、「(地元である)神奈川県が一番偉い。そこを言いたかった」「(ヨコハマがBattleで負けたことについて)悔しくて、夜寝れなかった」と語り、ヨコハマ・ディビジョンに対する深い愛情を語った。

■「絶対に一番にしてやる」キャストとクリエイターの熱が言葉の爆撃に!!

No image
No image

静かな炎のイメージが強かったヨコハマに圧倒的な火力をもたらした「HUNTING CHARM」。「この曲を一言で言うと?」という質問に浅沼は、「“ライムの絨毯爆撃”。火力的なことでも拳銃レベルじゃない。爆撃」と表現した。また駒田と神尾も、「一気に自分の空気にする“燃やせ”を感じる」(駒田)、「“殲滅”。面制圧したい」(神尾)と語るなど、点ではなく面で圧倒していく楽曲の強さをアピール。

神奈川県出身である玉露は、HIPIHOPシーンにおける横浜の持つ絶対的ブランド力に言及し、「神奈川県が一番偉いということを言いたかった」と地元愛を口にする。また今回のリリックに関してはM.T.Cの立ち位置と近いICE BAHNメンバーが担当し、左馬刻はFORK、銃兎は玉露、理鶯はKITと、メンバー別に書き手を変えたことを明かした。

No image

さらに楽曲を制作する際には「(銃兎と)自分が被る部分を探した。自分のものとしても歌えるものとしたかった」と語り、ヨコハマがBattleで負けた際には「悔しくて、夜寝れなかった」と振り返った。

No image

そんな玉露に聞いてみたいことを問われたキャスト陣。浅沼は「再生の前に壊すのが先、というリリックは、(シブヤの)“再生のバース”へのアンサーなんですか?」と質問が飛ぶと、玉露からは「実は狙ったわけではない」と意外な回答が。また神尾から投げかけられた「“零四五中 探驪〜”といった文言はどこから生まれたもの?」という問いには、「キョンシーを倒すための呪文から生まれた」と答えるなど、裏話たっぷりのインタビューとなった。

動画ではこのほかにも「楽曲の中で苦労した点は?」「楽曲全体で守っていたことは?」「お互いへのメッセージ」といったテーマでトークが繰り広げられた。

熱い地元魂を忍ばせた「HUNTING CHARM」を、圧倒的な破壊力で表現したMAD TRIGGER CREWの3人。彼らが挑んだ『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』≪2ndD.R.B≫の結果発表会は、ABEMAにて11月28日に生放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加