玉鷲が照ノ富士を“電車道” 鶴竜親方「足の状態はまだ」照ノ富士の状態を不安視

玉鷲が照ノ富士を“電車道” 鶴竜親方「足の状態はまだ」照ノ富士の状態を不安視

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/05/14
No image

<大相撲五月場所>◇六日目◇13日◇東京・両国国技館

横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)が前頭三枚目・玉鷲(片男波)に押し出しで敗れ、2敗目となる黒星を喫した。一方的な相撲内容に、元横綱・鶴竜親方が「(照ノ富士の)足の状態はまだ」と不安視した。

【映像】照ノ富士の電車道で圧倒する玉鷲

立ち合い張り差しに出た照ノ富士。だがまっすぐ攻める玉鷲にのど輪で押されると、そのまま力なく押し出されて土俵を割って2敗目を喫した。電車道で圧倒した玉鷲は金星となる5勝目を挙げた。

膝に古傷を抱える照ノ富士の力ない取組内容に、ABEMAで解説を務めた元横綱・鶴竜親方は「これを見るかぎり、足はまだ治っていないですね」と一言。続けて「ああいう形になるのは想像できる。そこで残せるかどうかというところで、残せないということは、やっぱり足の状態はまだじゃないかと思います」と語った。

一方的に押し出された照ノ富士に、視聴者からも「足が良くないのか」「膝痛いんやろな」「全く踏ん張りがきいてない」「張り差しも苦し紛れ感ある」と心配の声が相次いで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加