イギリスの帽子屋、ドイツの傭兵......時代も地域も越えた連作短編集「異国幻燈」

イギリスの帽子屋、ドイツの傭兵......時代も地域も越えた連作短編集「異国幻燈」

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/02/22

浅見鶴子の単行本「異国幻燈」が、本日2月22日KADOKAWAのレーベル・あすかコミックスDXから発売された。

No image

「異国幻燈」

すべての画像を見る(全9件)

「異国幻燈」は、時代や地域を越えて人々の営みを描く連作短編集。学校のお祭りで目立ちたくない少女と帽子屋の交流を描いたイギリスの物語「ある雨の日の帽子屋」、傭兵たちの友情と家族について描いたドイツの話「臆病な傭兵」、渡し舟に乗った男と船頭のやり取りを見せる中国の短編「巫蟲の毒」、日本が舞台の「楓と落人」など、描き下ろしを含む11編が収められている。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加