巨人・丸を三回で交代 原監督「本来の丸の姿ではない」

巨人・丸を三回で交代 原監督「本来の丸の姿ではない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/03

(セ・リーグ、巨人6-9中日、8回戦、巨人4勝3敗1分、1日、東京ドーム)巨人・丸佳浩外野手(32)が「3番・中堅」で出場したが、2打席連続三振を喫した後、四回の守備からベンチに下がった。

原監督は「ちょっとやっぱり、準備不足というかね。本来の丸の姿ではないということでしょう」と話し、元木ヘッドコーチも「体調じゃない。調子が悪いから」と説明した。

丸は、4月3日に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、4日に出場選手登録を抹消。隔離期間などを経て、23日の広島戦(東京ドーム)から1軍復帰し、5試合連続安打を放っていた。

だが、前日4月30日の中日戦では2三振するなど、4打数無安打。この日もタイミングが合わず凡退し、ここ2試合は6打数無安打に終わった。

No image

3回の好機に三振し交代を告げられ4回表にベンチ裏に退く巨人・丸=1日、東京ドーム(撮影・矢島康弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加