ビリー・アイリッシュ、ジャスティン・ビーバーに熱狂しすぎて母からセラピー通いを検討される

ビリー・アイリッシュ、ジャスティン・ビーバーに熱狂しすぎて母からセラピー通いを検討される

  • SPUR
  • 更新日:2020/07/09

デビュー前から、ジャスティン・ビーバー(26)の熱狂的ファンだったことで知られるビリー・アイリッシュ(18)。そんなビリーを心配し、母マギー(61)がセラピー通いを検討していたことが明らかに!

No image

Photo:Instagram(@maggiembaird)

アップルミュージックで配信中のビリーと父パトリック(63)による番組『ミー&ダッド・ラジオ』にゲスト出演したマギー。2012年にリリースされたジャスティンのヒット曲『アズ・ロング・アズ・ユー・ラブ・ミー』にどハマりしていた頃のビリーについて語った。

「車でダンススタジオに送っていくとき、ビリーはこの曲を聴いて泣いていたの。そして帰るときも、またこの曲で泣いてたのよ」とマギー。「ジャスティンのことであまりにつらそうだったから、私たち夫婦はセラピーに通わせることを考えていたわ」と衝撃告白!

この事実は、ビリーにとって全くの初耳だったよう。母からの言葉に、「そうだったの⁉︎ ものすごく恥ずかしい」とショックが隠せない様子。

ジャスティンの曲ならどの曲でも泣いていたという当時のビリー。しかし、マギーが「特に『アズ・ロング・アズ・ユー・ラブ・ミー』のことはよく覚えてる。ビリーがこの曲について話してくれたし、リリースされるときにとても興奮してたから」と話すと、「このミュージックビデオは本当に泣けるのよ」と懐かしそうに振り返った。

No image

Photo:Instagram(@billieeilish)

これまでもインスタグラムで過去の写真を公開し、ジャスティン愛をアピールしてきたビリー。ジャスティンの名前入りタンクトップや部屋に貼られたポスターを見ても、その熱狂ぶりが伝わってくるが、今回のエピソードで想像を超えるほどのビリーバーであったことが判明。

No image

Photo:Instagram(@billieeilish)

ちなみに、その後番組で『アズ・ロング・アズ・ユー・ラブ・ミー』を流したところ、ビリーはまたも感極まり泣いてしまったよう。

昨年は念願のコラボレーションも実現させ、ジャスティンと同じフィールドに立つも、まだまだビリーにとっては憧れの存在なのかも。

ビリー・アイリッシュ、熱狂的なビーバーファン「ビリーバー」時代の秘蔵写真を一挙公開!(外部サイト)

世界中で勢い止まず! ビリー・アイリッシュが愛する「バギースタイル」をプレイバック(外部サイト)

text:Kyoko Kawaguchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加