U-17日本高校選抜が始動。FW福田師王(神村学園2年)「また結果を残して上の世代に入って行ければ」

U-17日本高校選抜が始動。FW福田師王(神村学園2年)「また結果を残して上の世代に入って行ければ」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。インターハイ得点王、世代別日本代表でもゴールを連発している半端ないストライカー、神村学園高(鹿児島)FW福田師王(2年=神村学園中出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●FW福田師王(神村学園高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「普通に嬉しいですし、また結果を残して上の世代に入って行ければと思います。(他の合宿メンバーがライバルとして名を挙げているが)まだまだです(苦笑)」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「いつも通り、自分の得点でチームを勝たせることしか考えていないので、点数・結果で示していきたいです、(U-16代表とも対戦するが)年下なので、しっかりと負けないようにしていきたいです」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「そこはシュートです。そう思ってプレーしています。(この数か月で進化したのは)シュートのバリエーション。どんなボールが来ても決められるようにいつも練習しています。(特に)クロスじゃないですか。クロスからのヘディングだと思います」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい

「チームを勝たせることができたんですけれども、もっと決めれるシーンとかあったので、そこを求めていきたいと思っています」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「(ライバル視は誰も)していないです。(1人挙げるならば青森山田の)宇野禅斗選手とか松木玖生選手とか、負けたくないです。得点を取りたい」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?

「(キャプテンの)抜水昂太さんが試合に出られないので、その分、自分が頑張って、昂太さんが笑顔になってくれる結果で終わりたいなと思っています。自分のここで出た課題を、時間がないですけれども、しっかり改善して発揮できるように、ここでしっかりと調整して全国に繋げていきたいです」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加