飛び込み日本選手権 男子3M板は坂井が4年ぶりの優勝 玉井は3位

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇飛び込み日本選手権第2日(2022年8月6日 日環アリーナ栃木)

男子3メートル板飛び込み決勝は坂井丞(29=ミキハウス)が435・80点で4年ぶり6度目の優勝を果たした。昨年覇者の須山晴貴(24=栃木県スポーツ協会)が2位。2年ぶりの優勝を狙った玉井陸斗(15=JSS宝塚)は413・55点で3位。7日に世界選手権で銀メダルを獲得した本命種目の高飛び込みに出場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加