愛媛は第1シードの今治東が初戦で松山商に敗れる!第2シードの今治西、第4シードの松山工も3回戦敗退!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/10/17

第99回全国高校サッカー選手権愛媛県予選は17日、3回戦が行われ、上位シード校が敗退している。昨年度全国ベスト16で今年の県新人戦を制している第1シード・今治東中等教育学校が、今大会初戦で松山商高と対戦。延長戦の末、1-2で惜敗した。また、県新人戦準優勝の第2シード・今治西高も新居浜工高に1-3で敗れている。

加えて、混戦の愛媛県予選は第4シードの松山工高新田高に1-2で敗戦。一方で第3シードの松山北高は川之江高に2-1で競り勝ち、2年ぶりの全国出場を狙う宇和島東高も新居浜西高を2-0で下した。そのほか、済美高、八幡浜工高、帝京五高が24日の準々決勝へ駒を進めている。

【愛媛】
[3回戦](10月17日)
今治東中等教育学校1-2(延長)松山商高
八幡浜工高 2-1 松山聖陵高
宇和島東高2-0 新居浜西高
新田高2-1松山工高
松山北高2-1 川之江高
吉田高 0-10済美高
帝京五高2-1 新居浜東高
新居浜工高 3-1今治西高

[準々決勝](10月24日)
松山商高- 八幡浜工高
宇和島東高-新田高
松山北高-済美高
帝京五高- 新居浜工高●【特設】高校選手権2020

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加