【中日】福留孝介が捕手役になり長女が投手、長男が打席に立ちセレモニアルピッチ

【中日】福留孝介が捕手役になり長女が投手、長男が打席に立ちセレモニアルピッチ

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/09/23
No image

中日対巨人 試合前の円陣で声出しする福留(中央)(撮影・狩俣裕三)

<中日-巨人>◇23日◇バンテリンドーム

今季限りで現役を引退する中日福留孝介外野手(45)が引退選手特例で出場選手登録され、ベンチスタートとなった。

スタメン出場ではなく、代打での待機。試合前のシートノックに登場すると、会場を埋め尽くしたファンから拍手が送られた。試合開始前にはセレモニアルピッチに長男、長女とともに登場。自らは捕手役になり長女が投手、長男が打席に立ち、始球式後には、ドアラとともに家族3人でバックスクリーンを背に記念写真に収まった。

◆福留孝介(ふくどめ・こうすけ)1977年(昭52)4月26日生まれ、鹿児島県出身。PL学園、日本生命を経て、98年ドラフト1位で中日入団。02、06年首位打者。08年から米大リーグに挑戦し、カブスなどを経て13年に阪神で国内復帰。21年から中日でプレー。06年MVP、ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞5度。06、09年WBC出場。03、16年にサイクル安打。16年に日米通算2000安打を達成。182センチ、90キロ。右投げ左打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加