「とんでもない肩」「おかしい」 24歳若鷹の規格外“鬼肩”にファン驚愕

「とんでもない肩」「おかしい」 24歳若鷹の規格外“鬼肩”にファン驚愕

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/22
No image

強肩を披露したソフトバンク・谷川原健太【画像:パーソル パ・リーグTV】

新庄剛志氏にも絶賛された谷川原の強肩が再び発動

ソフトバンクの期待の若手が、規格外の鬼肩ぶりを発揮し、ファンの度肝を抜いた。21日にタマスタ筑後で行われたウエスタン・リーグの広島戦。谷川原健太捕手が右翼の深いところから本塁への弾丸スローを見せ、スタンドはどよめきに包まれた。

かつて新庄剛志さんにも絶賛された谷川原が、また規格外の強肩ぶりを披露した。5回無死三塁で矢野雅哉が放った打球は右翼後方への大きな飛球になった。後退して落下点に入った谷川原。深い位置で犠牲フライには十分な飛距離だと思われた。

だが、打球をキャッチした谷川原はワンステップすると、思い切って本塁へ送球。これが凄かった。矢のような返球はワンバウンドでキャッチャーに届くストライク送球。惜しくもセーフとなったものの、悠々かと思われた犠飛がギリギリのクロスプレーになった。

この谷川原の鬼肩を「パーソル パ・リーグTV」公式ツイッターが動画で紹介。ファンからは「なんじゃこれは…」「これはえぐい」「バケモンとかじゃなくておかしいやん」「やっぱり本当にとんでもない肩してる」「こんな肩強い選手初めてみた。。」「これまじですごい」と驚きの声があがっていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加