3連敗でも中日・根尾は光った! 強肩でDeNAひるます 「刺しにいく準備できていた」 与田監督も評価

3連敗でも中日・根尾は光った! 強肩でDeNAひるます 「刺しにいく準備できていた」 与田監督も評価

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇セ・リーグ 中日3ー7DeNA(2021年4月6日 バンテリンドーム)

No image

<中・D(1)>初回2死二塁、佐野の左前打で、バックホーム返球でアウトにした根尾(右)を迎える大野雄(撮影・椎名 航)

中日・根尾がDeNA打線に「強肩」ぶりを見せつけた。3試合ぶりに「8番・左翼」で先発出場すると、初回2死二塁から佐野の左前打をすばやく捕球し、矢のような返球で生還を狙った二塁走者・桑原を本塁タッチアウト。「刺しにいく準備はできていました。良いボールを投げることができたので、次回も良いボールを投げられるようにしたいです」とうなずいた。

この強肩ぶりにDeNAベンチもひるんだ。6回1死二塁では牧が左前打を放ったが、二塁走者の桑原は生還を諦め三塁でストップ。与田監督も「守備力は評価できる」と根尾の強肩が失点を食い止めたとした。

7回2死では二塁への内野安打でチャンスメーク。三浦監督によるリクエストの要求もあったが、リプレー検証の結果、判定は覆らずHランプを灯し「ギリギリのプレーになると思ったので、いつも通り必死に走りました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加