「誰にも見られたくない」汚家(おうち)、劇的ビフォー・アフター【1】――0歳7歳の育児と仕事で家が片付かない!

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/05/03

連載企画「30代女子の「煩悩部屋」ビフォー・アフター」の新シーズンが始まります。今回は、汚部屋あらため「汚家(おうち)」をまるごと片付けます! 第6回目のクライアントは、板橋区・3SLDKの一軒家に家族4人で暮らす兼業主婦のKさん(37歳)です。

相談「育児と仕事でもう手が回らない。家が汚くて心がズタボロです」

「3階建の戸建て(持ち家)に家族4人で暮らしています。1日のほとんどを、2階リビングで過ごしています。子どもは0歳と7歳で、育児と家事で1日が終わるため、片付けまで手が回っていません。今は育児休暇中ですが、週2で在宅ワークも続けていて、6月からは復職することに。なんとか、人を家に招けるレベルにまで変えたいです」(板橋区・Kさん(37歳/会社員役職)からのSOS)

上の写真は、当企画に応募時の写真です。ビフォー・アフター企画の1回目となる今回は、1階の玄関を含めた3SLDK分のお悩みや希望をまとめました。次回より実際に汚家を片付けていきますが、先立って筆者・伊藤のコメントもつけています。

[悩み1]玄関:宅配の山すら荷ほどけない

おうち時間が増えて、段ボールが増えたという家も多いと思います。Kさんも、毎日のように届く荷物に困っていました。「育児中もあって、宅配が増えました。段ボールを開ける時間も作れず、玄関まわりも汚れたままです。ご近所さんや娘のママ友の急な訪問で、見られるのが恥ずかしくて」とのこと。

<伊藤まきの答え>
今どきは、100均グッズでキャスター付き荷台を用意できます。荷物を荷台に乗せて1カ所にまとめ、可動が楽になるレイアウトに変更しましょう。また、下駄箱の見直しをすれば出しっぱなしの靴もスッキリします。

「日当たりの悪い部屋を活用するため、1階にファミリークローゼットを作りました。理想とは違って、うまく機能せず散らかり放題です。しかもカビがすごくて……」とKさん。結局、1階に降りるのが面倒で、よく着る服は2階に置きっぱなしだそう。この部屋を片付けるべきかどうかわからないまま放置しているそう。

<伊藤まきの答え>
3階建ての家に「ファミクロ」を設けるのは難しいので「部屋の目的」を変更します。玄関に近い1階の部屋は、買ったモノをそのまま置ける「生活クローゼット」に変更すると便利です。

[悩み3]プレイルーム:来客を招きたい

「深い付き合いのないお客様が来たときに、ここでお迎えできればと思って作った部屋です。ところが、物置き小屋になってしまいました」とKさん。よく観察すると、娘さんの年齢より低いおもちゃもあります。第二子誕生の今まで、7年分のおもちゃが眠っていました。

<伊藤まきの答え>
娘さんも、小学校2年生になりますから「自分で要不要」の判断ができます。自分の部屋ができれば、片付けや支度の意欲が増すかも。一緒に片付けて、必要なモノだけに絞り1カ所にまとめましょう。

[悩み4]リビング:0歳のハイハイが始まる前に、安全な家にしたい

「床の小物は、育児グッズと娘の遊び道具です。片付けてもすぐ散らかるので諦めてしまいました」とKさん。お話を聞いたところ、妊娠中はつわりがひどく仕事も多忙で何の準備もできなかったそう。出産後に一息する時間が持てると思いきや、赤ちゃんに付きっきりで1日が終わるとか。

<伊藤まきの答え>
育児中の散らかりは「あって当然」で考えて、「元に戻しやすい仕組み」に改善します。コロナ禍で増えた、衛生品や食材の貯蓄は「出し入れしやすい収納」に変えましょう。

「16畳のLDKなのに、収納スペースは小さなクローゼットのみ。SNSを参考に収納を作ったものの、出し入れが面倒でした」とKさん。ちなみに、収納力が足りないため、置き家具も用意したものの、同じ理由で処分したんだそう。

<伊藤まきの答え>
生活スタイルや部屋の大きさ、家に使うお金や性格などオシャレな人の暮らしを参考にしても、長く続きません。Kさんには「アクション数の少ない収納」が向いていると思います。

[悩み6]脱衣所:家族のパジャマと下着を用意したい

「洗面台前の作り付けの棚に、家族全員の下着とパジャマを用意したい。夫と娘が自分で用意できるようにわかりやすく整えたい」と希望。あまりに散らかっているので、Kさんにしかわからないモノも多いそうです。

<伊藤まきの答え>
最近は定番になった「脱衣所の下着収納」ですが、狭めの空間では難しいところ。でも、必ず使うモノだけに厳選すれば大丈夫!「棚の仕切りを見直す」ことで、収納力が格段に変わります。

[悩み7]3階の寝室クローゼット:うまく使いたい

Kさん宅で一番日当たりの良い3階に、家族4人の寝室があります。この部屋のクローゼットは空っぽですが、 「普段は、季節の家電を入れています。急に在宅ワークになったのでリモート会議用の洋服もここに置きました」とKさん。なるほど、モノの住所が行方不明のようです。

<伊藤まきの答え>
1階の「ファミクロ」を見直して、このクローゼットを奥さま専用に変えたいと思います。季節の家電は、隣の部屋にまとめましょう。「モノの住所」と「部屋の目的」をはっきりするほど、散らかりにくくなります。

「娘の部屋にする予定でしたが……。実は、コロナの影響で仕事部屋にしてしまって」とKさん。ご主人のリモート会議用に、PCデスクを設置してしまったそう。

<伊藤まきの答え>
リモート会議も、週に数回・数時間のみなら「旦那様用の仕事空間」を1階に移しましょう。ここは予定通り、娘さんのお部屋にします。ともに、個人的な空間を持つことで、Kさんの家事負担を減らせます。

次回(5月10日)より、家まるごと劇的ビフォー・アフターへ!

※取材は昨年の緊急事態宣言明けに行いました。換気をはじめ、感染予防対策を徹底したうえで片付けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加