日本ハム・栗山監督「勝たないといけないゲーム」相手4失策も1得点

日本ハム・栗山監督「勝たないといけないゲーム」相手4失策も1得点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

4回、投手交代を告げベンチへ引き揚げる日本ハム・栗山英樹監督=ZOZOマリン(撮影・開出牧)

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム)

日本ハムは投打がかみ合わず、ロッテに完敗した。

先発の杉浦は3回2/3を3失点と試合を作れなかった。初回に先頭の藤原のソロで先制を許すと、味方が同点に追いついた三回にはマーティンに2ランを被弾。四回に2死から2四球などで満塁のピンチを招いたところで降板し、「抑えるべきところで抑えることができず、いいところがない登板になってしまいまった」と反省した。

打線も相手の4失策につけ込めず5安打1得点に終わった。栗山監督は、「(杉浦の)本調子どうのこうのというよりも、結果が求められること。そういう意味では調子が悪くても良くても何とか、頑張っていかなきゃね…。杉浦だけじゃなくて、チームとして勝たないといけないゲームだった」と敗戦を総括した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加