“土に還るハンガー”って?洋服の裁断くずから生まれた「UpcycleLino」のエシカルアイテムが気になります

“土に還るハンガー”って?洋服の裁断くずから生まれた「UpcycleLino」のエシカルアイテムが気になります

  • isuta
  • 更新日:2021/06/11

最近、様々なアイテムがより環境に優しい素材へと代替えされていますよね。

今回ご紹介する「UpcycleLino(アップサイクルリノ)」からは、布の裁断くずをアップサイクルして生まれたハンガーが販売されています。

おしゃれな見た目で環境への配慮も欠かさない、そんな一品をぜひチェックしてみて!

これは見せるハンガーとして使いたいかも!/UpcycleLino

No image

ファッションブランド『nest Robe / CONFECT(ネストローブ・コンフェクト)』が展開している、ゴミの出ない完全循環型プロジェクト「UpcycleLino」。

そんなUpcycleLinoの新商品として登場したのが、生地をカットした際の“裁断くず”を再利用した「ハンガー5本セット(税込1650円)」です。

No image

洋服の生産工程では、生地の約3割が裁断くずとなってしまうんだとか…。そんな素材をアップサイクルさせたのが、このハンガーなんです。

No image

このようなばらばらの布切れが、どうやってハンガーに生まれ変わるのでしょうか?

まずは、国内の工場へ裁断くずを集め細かく粉砕します。

No image

それを原料に、ふんわりとしたフェルト状の“フェンツ”と呼ばれるものへと加工。そのフェンツをハンガー型に抜き、熱などで圧縮し硬化させることで完成するそうですよ。

No image

様々な色の糸が混ざりあう、ちょっぴりユニークな見た目も印象的ですね。

お気に入りの洋服を下げて部屋の片隅にかけておく、“見せるハンガー”として使ってみるのにぴったりかも!

おしゃれさんへのギフトとしてもいかが?

No image

自分用に購入するのもいいけど、おしゃれな友達へのプレゼントに選んでみるのもおすすめですよ。

しっかりした強度を持ちながら、土に還すことも可能な新感覚のハンガー。こちらはオンラインショップ限定商品となっているので、下記のサイトよりご確認ください。

サイトはこちらから

Yano Sara

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加