交通弱者の移動手段に次世代モビリティ 海浜幕張エリアで実証実験を予定

交通弱者の移動手段に次世代モビリティ 海浜幕張エリアで実証実験を予定

  • レスポンス
  • 更新日:2020/11/20
No image

次世代電動車椅子、WHILLモデルC2

もっと画像を見る

NTTドコモは11月18日、千葉市と千葉大学、アイシン精機、ドコモ・バイクシェア、三井不動産、イオンモールと海浜幕張エリアで「次世代モビリティサービス」実証実験第2弾を、11月21日から開始すると発表した。

実証実験は、次世代モビリティを活用して、街の回遊性の向上や交通弱者の移動手段の多角化を目指すもの。

第2弾となる今回は、市民や観光客に対して海浜幕張エリアで3km圏内の移動を目的としたAI運行バスを運行するほか、海浜幕張駅周辺で、電動小型モビリティや次世代電動車椅子を貸し出す。実証後、利用者の移動データの解析やアンケートを通して、需要や利用者の回遊性を調査する。

また、電動小型モビリティのアイシン『ILY-Ai(アイリーエーアイ)』に、シェアサイクルで利用しているシェアリングプラットフォームを実装、貸し出し時の無人対応を想定した実験も実施する。

ショッピングモール内の回遊性向上を目的に、幕張メッセ、メッセモール、イオンモール幕張新都心で、電動小型モビリティの自動運転を実証する。施設内で小型モビリティ無人貸し出しや、モビリティを自動で返却地点に戻す機能を検証する。自動運転には1台の小型モビリティが取得した地図データを、リアルタイムに複数のモビリティへ提供する仕組みを活用する。

2019年度に行った実証実験第1弾では、電動小型モビリティ単体で、屋内自動運転やシェアリングサービスを実証した。

No image

将来的には、さまざまな次世代型モビリティや公共交通機関を連携し、一つのIDで複数の交通サービスを利用できるMaaS(モビリティアズアサービス)の仕組みの実現を目指す。

レスポンス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加