ラグビー “珍事”TLで背番号のないユニホームでプレー

ラグビー “珍事”TLで背番号のないユニホームでプレー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/21
No image

後半、背番号のないユニホームでプレーする三菱重工・リンディ真ダニエル(撮影・堀内翔)

「ラグビー・トップリーグ、サントリー-三菱重工」(21日、相模原ギオンスタジアム)

背番号のない選手がプレーする“珍事”が発生した。

三菱重工ロックのリンディ真ダニエルは前半33分、後半開始早々、後半9分と3度の出血のため一時退場。血染めのユニホームを着替えたが、替えがなくなったため、後半20分の再登場時には背番号のないユニホームでグラウンドに立った。

場内アナウンスでは「度重なる出血で血染めのユニホームを着替えたため、背番号のない選手はリンディ真ダニエル選手です」というアナウンスが流れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加