アカデミー賞有力!アンソニー・ホプキンスが認知症の父親に『ファーザー』5月公開

アカデミー賞有力!アンソニー・ホプキンスが認知症の父親に『ファーザー』5月公開

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/01/14
No image

(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-(C) ORANGE STUDIO 2020

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親を演じ、本年度アカデミー賞主演男優賞が有力視される映画『ファーザー』が5月に日本公開されることが決定した。

本作は世界30か国以上で上演された舞台の映画化で、誰にでも訪れる老いの喪失と親子の愛を、記憶や時間が混迷していく父親の視点で描く作品。先月31日に83歳を迎えたアンソニーが演じるのは、自身と同名、同年齢、同誕生日の主人公。監督が当て書きしたというこの役で、本人が「自分の父をそのまま演じた」と語るその演技は、自身にとって『羊たちの沈黙』(1991)以来となるオスカー受賞も期待される。

また、父を介護する娘にふんした『女王陛下のお気に入り』のオスカー女優、オリヴィア・コールマンの演技も高く評価され、アカデミー賞助演女優賞の有力候補といわれている。

監督は原作を手掛けたフランスのフロリアン・ゼレールで、長編初監督作としてメガホンを取った。原作舞台は日本でも2019年に「Le Pere 父」のタイトルで、橋爪功若村麻由美が出演し、上演された。(編集部・中山雄一朗)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加