クレカがなくても高速ETCを使える「ETCパソカ」ハードル引き下げ! デポジット額と利用限度額を改定

クレカがなくても高速ETCを使える「ETCパソカ」ハードル引き下げ! デポジット額と利用限度額を改定

  • くるまのニュース
  • 更新日:2023/01/25

デポジットの最低額は3000円に

クレジットカードがなくても高速道路のETCを利用できる「ETCパーソナルカード(ETCパソカ)」。2023年3月からは、より利用しやすいようカードの諸条件が改定されます。

No image

クレカがなくてもETCを利用できるカードとは?

ETCパソカは、高速道路などの通行料金の支払いに使えるETCカードです。

【画像】これも使用不可! 2030年に使えなくなるETCの機種を見る(17枚)

一般的にETCカードは、クレジットカードとひも付ける形で発行されますが、このETCパソカはデポジット(保証金)を預託することで発行されます。年会費は1257円(税込)です。

通行料金は、申し込み時に指定した銀行口座から引き落とされます。デポジットは通行料金には充当できず、カード解約時に返金されます。

3月1日からは、ETC普及促進の一環として、デポジット額や利用限度額が改定されます。

デポジット額は平均利用月額の4か月分で計算しますが、現在は2万円からスタートし、2万円単位で設定が可能です。これが改定後は、新たに3000円、5000円、1万円が加わります。

また、ETCパソカの利用限度額は、現在デポジット額の80%までですが、改定後は100%まで可能になります。

これにより、毎月少ししか利用しない人も3000円から手軽にカードを作れるようになり、また、限度額の計算も分かりやすくなります。

なお、デポジットは後から増額も可能です。

カードの申し込みは郵送のみで受け付けていますが、今回の改定に対応した申込書は2月以降順次配布する予定ということです。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加