【脱・量産型! ちょうどいいコンサバコーデ】エディターが提案する「ハンサムシンプル」

【脱・量産型! ちょうどいいコンサバコーデ】エディターが提案する「ハンサムシンプル」

  • withonline
  • 更新日:2022/01/15

\脱・量産型! シンプルなのにオシャレに見える/

新年、目指したいのはエディター広田さんの「ちょうどいいコンサバ」

「保守的」「無難」といった意味で使われることの多かったコンサバという言葉。それが今、「シンプルなのにオシャレに見える褒め言葉に変わった」と編集部内では話題に! そんな"ちょうどいいコンサバ"を体現する エディターを参考に、もっと自由に、自分らしいコンサバを見つけていこう!\お手本はこの人!/

エディター広田香奈さんの「ハンサムシンプル」

仕事ができる・できないは服装も判断基準の一つ。だとしたら、自分に箔を付ける意味でも品のいいものを身につけた者勝ちだと思います。

No image

OUTER : H BEAUTY&YOUTHSHIRT : POLO RALPH LAURENPANTS : AP STUDIOBAG : BOTTEGA VENETABOOTS : ZARA

元ミーハー、現コンサバベースなエディターの「ファッション今昔」

ミーハー時代にOL時代も!? そんなエディターのファッション遍歴から今季の主力アイテムまで、まずはプロフィールと併せてCHECK!

No image

古着が大好きな学生時代コンサバの 「コ」 の字もないくらい、カジュアル一筋。趣味は古着屋さん巡り!OLアパレル勤務今までまったく接点のなかったコンサバ系のOLブランドに配属。ある日社長に呼び出されて、服装を指摘されたことも。エディター/ライターとして独立学生時代からライター経験があったので、24歳のときに独立。ティーン誌を中心に活動。服装はトレンド重視で、質よりも量!OL誌で活動し始める20代後半に入ってすぐ、OL誌で活動をスタート。現場では自分より歳上の人がほとんど。年齢を口にした途端、態度を変えられることも経験し、振る舞いだけでなく服装や持ち物で少しでも自分を格上げすることを意識する。スタイリストになってから初めましての人からは服装で判断されることもあるため、ネガティブなイメージを与えないように、人からよく見られることをより気をつけるように。現在30歳頃から「この服は広田さんらしい」と周りから言われることが増え、やっと自分の好きなテイストや着ていて安心できる服が分かってくるように。品のよさやきちんと感を軸に、ハンサムな装いが基本になる。簡単にすらっと見せるならきれいめな黒ブーツも効果的胸もとから足もとまでを黒で一直線につなげることで、縦のラインがきわ立ちすらっとした印象に。サロペットは細身ながらもほどよくストレッチのあるフレア型で、動きやすいのも人気の理由。

No image

コンサバとは周囲にも自分にも安心感を与えてくれる洋服。私にとっては心も立場もニュートラルな状態でいるために欠かせません。

No image

ヘアスタイルはハンサムな装いの日に女らしさを添えるロングをキープ。

HANDSOME SIMPLE

オールシーズンネイビーか黒

No image

かっちり見えるネイビーと黒が、頼りにしている色。夏は黒、秋冬は服の重量が増えるので重く見えないネイビーが多め。

寝ても覚めてもIライン命!

No image

スタイルがよく見えると、シンプル服でも洒落て見える気がして! 私はシャープなIラインのアイテムをよく着ます。

■続きはwith2月号でお楽しみください♡

with2月号ネットでのご購入はコチラ

■こちらの記事もおすすめ!

No image

【脱・量産型! ちょうどいいコンサバコーデ】スタイリストが提案する「ベーシックフェミニン」

記事をチェック!

撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/水野利香 ヘア&メイク/KIKKU 取材/広田香奈 構成/佐藤美穂
※文中( )内の数字はヒールの高さを表し、単位は㎝、編集部調べです。
●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2022年2月号発売時点のものです。

with onlineのおすすめ記事がLINEに届く♡

with onlineのニュースをLINEで大好評配信中! LINE公式アカウント「with online」では、読むだけで女を磨ける連載や旬なファッション、美容情報、恋愛、お仕事、マンガ、占いなど、コンテンツ盛りだくさんでお届けします。

No image

友だち限定プレゼントも! 上のボタンからぜひ友だち追加してね♪

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加