ウクライナ非常事態庁の職員来日 日本製の地雷除去機を視察

ウクライナ非常事態庁の職員来日 日本製の地雷除去機を視察

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

ウクライナ政府で地雷の除去などを担当する職員が来日し、山梨県で日本製の地雷除去機を視察した。

【映像】日本製の地雷除去機を操作するウクライナ政府職員

ウクライナ非常事態庁の職員は24日、山梨県を訪れ、「日建」が製造している地雷除去機を視察した。視察をした職員は「ウクライナでは多くの場所に地雷が仕掛けられているので、60機ほど必要だと考えている」と語り、除去機に乗って実際に操作をするなどの技術体験を行った。

「ウクライナで戦争が起きた。地雷が埋まっている、UXO(=不発弾)も埋まっているということで、『我々の作ってきた機材が必要だ』と考えた」「それぞれの国で環境は違うが、学んだことを活かせたらなと思っている」(株式会社日建・雨宮誠社長)

山梨県に拠点を置く日建は、1995年から地雷除去のプロジェクトに取り組んできた。製造した地雷除去機は、これまでにカンボジアなど世界11ヵ国で活躍しているという。(ANNニュース)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加