「まめ夫」松たか子が元夫役・岡田将生、角田晃広、松田龍平に「みんな大好きです」

「まめ夫」松たか子が元夫役・岡田将生、角田晃広、松田龍平に「みんな大好きです」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/04/07

テレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」のリモート制作発表会が本日4月7日に行われ、キャストの松たか子岡田将生角田晃広東京03)、松田龍平が出席した。

No image

「大豆田とわ子と三人の元夫」リモート制作発表会にて、左から角田晃広、岡田将生、松たか子、松田龍平。

すべての画像・動画を見る(全18件)

No image

本作は3度の離婚を経験した主人公・大豆田とわ子が、元夫たちに振り回されながらも奮闘するロマンティックコメディ。映画「花束みたいな恋をした」の坂元裕二がオリジナル脚本を執筆した。主人公・とわ子役の松は「ささいなことから大きな事件まで(起きるので)“盛りだくさん”という言葉がよく当てはまりますし、この人たちが生きているなら私も大丈夫かな?と力をもらえると思います。ぜひ火曜の夜は、おうちで観て笑っていただければ」と呼びかけた。

No image

個性的な登場人物たちの掛け合いも見どころの1つ。松は「周りと関わることをあきらめない人ばかりなので。パワーは使いますけど、その分元気になります」と語る。3番目の元夫で弁護士・中村慎森役の岡田は、理屈っぽい役どころを「最初はどうかなーと思っていたんですけど、どんどん自分に浸透してきて。プライベートでもちょっと口が悪くなってきたり(笑)。合理主義者なんですけど、人間らしくかわいらしい部分もあります」と説明。2番目の元夫でファッションカメラマン・佐藤鹿太郎を演じる角田は、俳優陣と肩を並べて「仲良く和気あいあいやらせてもらってるので!」と必死にアピールしつつ、器の小さい男という役に「スッと入ってきますね。不思議とやりやすかった(笑)」と感想を述べる。

No image

松田は最初の元夫でレストランのギャルソン・田中八作に扮する。自然と女性にモテてしまう八作を演じるにあたり「どうやったらモテるんだろうなって考えたんですけど……。モテる定義を考えるのは難しい」と悩んだことを明かし、「八作は受け皿的な人。自分から求めない代わりに、相手によって変わっていくのが演じていて面白い」と役への印象を伝えた。3人の話を受け、松は「面白くなりそうな空気を感じたらとことん突き進んで行ける方たちなので、一緒に演じていて楽しいですし、安心感もあるけど緊張感もあります。こんな素敵な人たちに囲まれてるのに(とわ子は)何をぜいたく言ってるんだ?って思われないかな(笑)」と自身の役を心配してみせた。

No image
No image

とわ子の魅力について尋ねられた男性陣は「包み隠さない感じ」「等身大なところ」とそれぞれ答えていく。一方で“結婚相手に求める条件”を聞かれた松は、熟考しながらも「パッと思ったのは、どうしようもなくダメなところがある人。人間だから間違いがあるし、そういう人と間違いながら生きていくほうが楽しそう」と回答。角田は「最高ですよ。じゃあ(自分でも)いいですよね?ってなりますよ!」と前のめりに。司会者から「この3人の中でなら?」と追及された松が「みんな当てはまると思います。まだ私の知らない闇を抱えていたりもするかも……特に岡田くんとか(笑)。みんな大好きです」と答えると、岡田は苦笑しつつ「ダメなところを逆に褒めてくださる。希望ですね」とポジティブに捉えた。

「大豆田とわ子と三人の元夫」は、カンテレ・フジテレビ系で4月13日に放送スタート。

大豆田とわ子と三人の元夫

カンテレ・フジテレビ系 2021年4月13日(火)スタート 毎週火曜 21:00~
※初回15分拡大

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加