ソフトボール 日本 劇的延長サヨナラ勝ち!バースデー上野7回途中2失点、20歳後藤が好救援

ソフトボール 日本 劇的延長サヨナラ勝ち!バースデー上野7回途中2失点、20歳後藤が好救援

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/23

◇東京五輪 ソフトボール1次リーグ 日本3ー2メキシコ(2021年7月22日 福島県営あづま)

No image

<日本・メキシコ>延長8回タイブレーク1死三塁からサヨナラ打を放ち迎えられる渥美(左)(撮影・会津 智海)

東京五輪のソフトボール1次リーグで、白星発進した日本は21日、2戦目でメキシコと対戦。延長8回の激闘の末に3―2でサヨナラ勝ちし、1次リーグ2連勝とした。この日が39歳の誕生日のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が初戦に続いて先発し、7回途中まで2失点で10三振を奪う力投。リリーフ後藤希友(20=トヨタ自動車)が好救援した。

無死二塁から始まるタイブレークの延長8回。我妻悠香(26=ビックカメラ高崎)のニゴロの間に2走・山田恵里(37=デンソー)が三塁に進み1死三塁。ここで渥美万奈(32=トヨタ自動車)の遊ゴロで山田がサヨナラの生還を果たした。

先発の上野は、初回を3者凡退で立ち上がり、2回は先頭のブリタニー・セルバンテス(31)に左越え二塁打され、暴投で無死三塁としたが、後続を三振、三邪飛、投ゴロに抑えて無失点。藤田倭(30=ビックカメラ高崎)の2試合連続本塁打で先制した直後の3回は2者連続三振後に四球を出したが、続く打者を空振り三振。4回は3者連続三振に斬って取った。5回1死からアニサ・ウルテス(26)に中越えソロを浴びたが、2死からこの日、10個目の三振を奪った。我妻の適時打で勝ち越した直後の6回は先頭打者に中前打され、2死三塁のピンチを迎えたが、セルバンテスを左直に打ち取った。7回無死一、三塁からウルテスに同点の中前適時打されたところで降板した。代わった後藤は無死一、二塁のピンチを無失点に抑え、さらに延長8回は無死二、三塁でも得点を許さずサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加