井岡と統一戦のアンカハス「彼のパンチ力は非常に危険」V10へ気合十分

井岡と統一戦のアンカハス「彼のパンチ力は非常に危険」V10へ気合十分

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

WBO・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦の会見で流れたアンカハスのビデオメッセージ(撮影・中島郁夫)

ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=志成)が12月31日に東京・大田区総合体育館で、IBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(29=フィリピン)と王座統一戦を行うと25日、所属ジムが発表した。12年にミニマム級で日本人初の2団体統一王者となって以来のチャンスで、2階級での王座統一となれば国内初。4団体統一への青写真も描く井岡が、10度目防衛戦となる強敵を相手に、大みそかに、年内の日本人世界戦ラッシュの大トリを務める。

◇   ◇

IBF王者アンカハスは井岡のパンチ力を警戒した。会見にはビデオメッセージを寄せ「彼のパンチ力は非常に危険。注意しなければならない」と真剣な表情。V10戦が統一戦となったことを「私の夢だった」とした上で「(井岡は)この階級の王者の中でベスト。彼と戦うことを切望していた」と気合十分だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加