二宮和也、妻夫木聡が「マジ最悪じゃん」と日本アカデミー賞で呆然!? 「すごい悔しそうな顔」を暴露

二宮和也、妻夫木聡が「マジ最悪じゃん」と日本アカデミー賞で呆然!? 「すごい悔しそうな顔」を暴露

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/04/20
No image

二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。4月18日放送回では、3月19日に授賞式が行われた「第44回日本アカデミー賞」の舞台裏について明かした。

二宮は主演映画『浅田家!』で優秀主演男優賞を受賞。また、作品そのものも優秀作品賞を受賞し、共演した妻夫木聡は優秀助演男優賞を受賞。同じく共演の黒木華は最優秀助演女優賞を受賞している。

この日、リスナーから祝福するメールが寄せられたが、二宮はまず、「どうもありがとうございます。これもひとえに皆様のご指導のおかげだと思っています」とお礼を言いつつ、授賞式について「やっぱりいいもんですね、みんなで揃って行けるっていうのは」と振り返った。

授賞式では妻夫木、黒木と同じテーブルに並び、各賞の最優秀賞の予想をしながら、「やったー!」「わー、外したか」などと盛り上がって過ごしていたそう。そんな中、最優秀賞助演男優賞には、自らもノミネートされているにもかかわらず、妻夫木は映画『罪の声』に出演していた宇野祥平を、「宇野さんすごかった、宇野さん獲ったらすごいうれしいんだよな」と猛プッシュしていたという。

しかし、最優秀賞を受賞したのは渡辺謙という結果になり、壇上にいた妻夫木を見ていた二宮は「ケンワタナベが獲ったときに、ブッキーがすごい悔しそうな顔してるんですよ!」と、表情が歪んでいたと暴露。二宮は「テーブルの時と同様、外れて悔しがってるなと思った」そうだが、放送を見ている視聴者からすれば、受賞を逃して悔やんでいるように見えるため、テーブルに戻ってきた妻夫木に、「ブッキーすごい悔しがってたから、自分が獲れなくて悔しかったみたいな人に映ってたよ」と教えたそう。

すると妻夫木は、「え、まじ最悪じゃん」「めっちゃ恥ずかしくない?」と呆然としていたとか。その姿を見て、さらに「めっちゃ恥ずかしく映ってるよ」と追い打ちをかけていたところ、隣のテーブルにいた小栗旬が「なんかそのテーブルにぎやかだね!」と声を掛けてきたといい、そこで「あ、これは授賞式だった。家でテレビ見てるんじゃないんだった」と我に返ったと反省していた。

この日の放送にリスナーからは、「そんな裏話があったとは!」「そのテーブルめっちゃ楽しそう!」「授賞式の場でどんだけ和気あいあいとしてるんだ?」という声が集まっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加