阪神井上初安打に履正社・岡田監督「体を開かずに」

阪神井上初安打に履正社・岡田監督「体を開かずに」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

ファンの拍手に手を上げて応える井上広大(左)。右は梅野(撮影・上田博志)

<阪神5-0ヤクルト>◇16日◇甲子園

阪神ドラフト2位井上広大内野手が甲子園1軍デビューの打席でプロ初安打、初打点をマークした

▽履正社・岡田監督(自宅でテレビ観戦) 井上、お立ち台ですね。1本だけ打って勝ち越しでもないのに(笑)。今日の打席はよかったですね。昨日もおとといも打ち方があんまりよくなかったけど、今日は追い込まれても体を開かずに打っていた。相手のコントロールミスだったけど、それを見逃さずに打てたのはよかった。去年(夏の甲子園で)勝って、(優勝を)知っているところで1本目が出たのはよかったですね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加