中日6位のJFE西日本・三好 立浪氏へ弟子入り志願「打撃の技術を吸収したい」

中日6位のJFE西日本・三好 立浪氏へ弟子入り志願「打撃の技術を吸収したい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

中日から6位指名されたJFE西日本の三好大倫外野手(23)が20日、広島県福山市内で入団交渉し契約金3500万円、年俸840万円(金額は推定)で仮契約。新人王を目標に掲げ、来春1軍キャンプで臨時コーチを務める球団OBで新人王に輝くなど通算2480安打した、同じ左打ちの立浪和義氏への弟子入りを志願した。

No image

広島県福山市のホテルで入団交渉し仮契約を終えた中日6位指名のJFE西日本・三好

「打撃の技術面を多く吸収したい。(現役時の立浪は)勝負強い印象がある」

三本松高時代は甲子園出場こそないが、左腕から最速144キロを繰り出し高校通算26本塁打で二刀流としてプロからも注目を浴びた。社会人入り後も二刀流を継続したが「よりチームに貢献できる」と昨年から野手に専念。50メートル走5秒8の俊足にパンチ力を兼備し今季は4番を打つなど、野手として着実に成長を遂げた。

支配下では最後の指名だったが唯一の外野手で、担当の野本圭スカウトも「足はもちろん、小力もある。もちろん即戦力」と期待を寄せる。

現在は体幹強化やスイングスピードのさらなるアップを目指して練習に取り組んでいるという。「(持ち味の)積極的な打撃に、足も磨いて。中日を代表する選手になりたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加