“家飲み”も生ビールサーバーで 大手が次々参入

“家飲み”も生ビールサーバーで 大手が次々参入

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/07
No image

自宅で生ビールが楽しめるビールサーバー事業への参入が相次いでいます。

アサヒビールは家庭用の生ビールサービス「ドラフターズ」を発表しました。

月額7980円で会員になるとサーバーが借りられ、月に2回ビールが届くシステムです。

アサヒビールは今年度3万人の会員数を目指すとしています。

ビールサーバーを巡っては、キリンビールもこの春から全国で本格展開を始めています。

新型コロナウイルスの影響で飲食店の時短営業などが続くなか、いわゆる「家飲み」でのビールの需要を高める狙いがあります。

店の泡が自宅でも…きめ細かくクリーミー 秘密は?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加