嵐ライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour』、CDデビュー記念日の11月3日に公開決定!

嵐ライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour』、CDデビュー記念日の11月3日に公開決定!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/09/15
No image

記念日づくし! - (C) 2021 J Storm Inc.

櫻井翔が15日、丸の内ピカデリーで行われた『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories』ジャパンプレミアに来場、同作の日本先行公開日が嵐のCDデビュー記念日となる11月3日に決まったことを発表した。

本作は、2018年11月から2019年12月までの1年以上に渡り、計50公演、累計237万5,000人の動員を記録した、嵐20周年のツアー中に撮影されたライブフィルム。撮影が行われたのは2019年12月23日、「映画を撮影するため」に1日限りで東京ドームでライブが行われ、5万2,000人の観客が集結。そのライブの様子を、嵐の初主演映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』を手掛けた堤幸彦監督をはじめ、これまで嵐と深い関わりを持つ映画とライブのスタッフが計125 台のカメラで余すことなく記録した。

この日の司会は、報道番組「news zero」で共演中の有働由美子アナウンサーということで、櫻井が「有働さんも夏休み中にすみません」とねぎらいの言葉をかけるなど、リラックスムードで行われた。櫻井も「久々のこういう登壇で、何かソワソワ緊張しているんですけど、たくさんの初のチャレンジが詰まった作品をお届けできること。とてもワクワクしております」とあいさつした。

本作は、第24回上海国際映画祭でワールドプレミア上映されたが、この日のイベントでいよいよ日本公開日が発表された。櫻井は「我々の(CD)デビュー記念日である11月3日にドルビーシネマで先行公開、そして11月26日、これはくしくも大野智の誕生日ですが、この日に全国の劇場で公開されます」と発表した。嵐にとっての9月15日といえば、1999年のハワイにおいて、クルーズ客船でのデビュー会見を行った結成記念日であることを踏まえ、「結成記念日である9月15日にこれをお伝えし、そして11月3日のデビュー記念日に公開すること。これは我々5人とスタッフがこだわり続けてきた日にちだったので、やっとお伝えすることができてうれしく思います」と晴れやかな顔を見せた。

映画のポスターについて、櫻井は「“映画館で夢のつづきをはじめよう”と書いてあるんですけど、本当に僕にとって夢が詰まった作品になりました。それは2年前のあの頃の夢、そしてあとは満員の観客で埋め尽くされているという、今となっては夢。たくさんの夢が詰まった作品を観て、これからの夢を感じていただけたらと思っております」とコメント。さらに「堤監督もそうですけど、何より(舞台演出を務めた)松本潤が精魂込めて作ったコンサートなので、嵐のコンサートに触れたことがないという方にもたくさん触れていただきたいなと思っております」と付け加えた。

そこですかさず有働アナウンサーが「ちなみに松本さんは何かおっしゃっていましたか?」と尋ねると、櫻井は「今年、最初に会ったのがこの作品を観るという時で、松本と二人だったんです。最後にエンドロールが流れる時に、“(舞台の)Directed By JUN MATSUMOTO”と出てきて。松本はすごく恥ずかしがっていたんですよ。むずがゆいんですかね。でも僕はメンバーとして誇らしい気持ちになりました」と振り返った。

堤監督も「精魂込めてなんてもんじゃないくらいやっていましたから。リハーサルも2階の遠いところからひとりでずっと見ていて。いろいろとメモって、スタッフに伝えて。本当に演出家としても、学ぶところが多いと思いました」と感心した様子を見せると、櫻井も「そうやって松本が作ったコンサートという作品を、ずっとお世話になってきた堤監督に映像として作っていただいたというところが、我々としても胸が熱くなる作品ですね」と感謝の気持ちを語った。(取材・文:壬生智裕)

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories』は11月3日よりドルビーシネマ限定先行公開(11月26日より全国公開)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加