クリソベリルが喘鳴症で現役引退 19年チャンピオンズC制覇

クリソベリルが喘鳴症で現役引退 19年チャンピオンズC制覇

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/19
No image

19年チャンピオンズCを制したクリソベリル

19年チャンピオンズCを制したクリソベリル(牡5歳、栗東・音無)が13日、喘鳴(ぜんめい)症のため現役を引退し、北海道の社台スタリオンステーション種牡馬入りすることになった。

9月29日の日本テレビ盃で6着に敗れたあと、滋賀県のノーザンファームしがらきで調整中だったが、息遣いが思わしくなく検査の結果、ステージ4の喘鳴症と診断された。完全に回復する見通しが立たず現役引退が決まった。音無師は「(父である)ゴールドアリュールの後継種牡馬になってほしいですね。2世に期待したい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加