ソフトバンク・明石 西武のニール止めた決勝2号ソロ「とても気持ちいいもんです」

ソフトバンク・明石 西武のニール止めた決勝2号ソロ「とても気持ちいいもんです」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇パ・リーグ ソフトバンク5―4西武(2020年7月31日 ペイペイD)

No image

<ソ・西>6回2死、右中間にソロを放つ明石(撮影・岡田 丈靖)

4―4の6回2死で、昨季から登板20試合連続無敗の西武・ニールと、3度目の対戦。ソフトバンクの明石は、ツーシームとチャンジアップを多投され、前の打席まで2打席連続で一ゴロに倒れていた。この打席も3球目はツーシームがきた。ただ、思惑通りだった。右足を高く上げ手首のリストで華麗に運んだ。

「とても気持ちいいもんです。高めのツーシームを狙っていて、打った瞬間、入るとは思わなかったのでビックリ。一回も勝ってなかった、いいピッチャーをチーム全員で攻略したって感じですかね」

右中間テラス席に飛び込む決勝2号ソロで今季2度目のお立ち台に登場。クールに長髪をかき上げた男の開幕2戦目以来の一発で勝負あり。今季6戦負けなしの右腕に、来日通算2敗目となる今季初黒星をつけた。

前夜、今季初の零敗を喫していた。明石はチーム唯一のマルチ安打を放っていたが「チームが負けては意味がない」と言い切っていた。今季37試合でスタメン出場15。既往歴のある腰の影響もあり、スタメン固定ではないが常に「出たら決めてやる」の思いが強い。

7月11日の楽天戦は明石の今季初の猛打賞もあり快勝。その際、工藤監督は不調続きの試合後に黙々と室内でティー打撃を続ける姿を見ていた。「勝負にかける思いが伝わってくるし、練習はうそをつかない」と明石の努力を常に見てきた。そして、この日のV弾。「取られたら取り返す。終わり良ければ全て良し。明石くんがチームを救ってくれた」と7月を18勝9敗。好成績で終えたことを喜んだ。

「最近、チャンスで打てていなかったし、これがいいきっかけになる。チームは勝ち越しが目標。全力で勝てるように頑張る」。これからも、明石はV打を使命とする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加