女性IT人材の育成を目指す産学連携のコンソーシアム設立 ‐ 日本女子大ら5者

女性IT人材の育成を目指す産学連携のコンソーシアム設立 ‐ 日本女子大ら5者

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/02/22
No image

津田塾大学、日本女子大学、富士通、アシアル、富士通クラウドテクノロジーズの5者は2月22日、ICTを活用したソーシャルイノベーションの実現を目指し、Society5.0時代を牽引していく女性人材を産学一体で育成していく取り組みとして、「女子大学生ICT駆動ソーシャルイノベーションコンソーシアム(WUSIC:Women’s University students ICT-driven Social Innovation Consortium)」を設立したと発表した。同日より参加する企業や大学などの教育研究機関の募集を開始する。

NTT×KDDI、就職氷河期世代に就労支援 - 300名超雇用創出

同コンソーシアムでは、女子大学生向けにスマートフォンアプリ開発の実践的なプログラミング教育や開発コンテスト、賛同企業へのインターンシップ、研究や社会実装の場の提供などを実施することで、専攻分野を問わずプログラムやクラウドの仕組みを理解し、システムの設計・開発力を身に着ける機会の創出を目指す。

5者は今後、同コンソーシアムの活動を通じて、プログラミングを行っている学生同士のコミュニティの実現や企業・大学間の人材マッチングを促進する方針だ。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加