錦織 復帰後2大会目で初白星

錦織 復帰後2大会目で初白星

  • tennis365
  • 更新日:2020/09/15
No image

初戦突破を果たした錦織圭 : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク35位の錦織圭が同44位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を6-4, 7-6 (7-3)のストレートで破り、復帰後2大会目で初白星をあげた。錦織にとっては、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)2回戦以来 約1年ぶりの公式戦勝利となった。

>>錦織らBNLイタリア国際 対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

錦織は前週のジェネラリ・オープン(オーストリア/ キッツビュール、レッドクレー、ATP250)で復帰したが、単複初戦敗退を喫した。

この日は序盤からバックハンドのウィナーやネットプレーを決めた錦織はサービスエースを放った際に「カモン!」と口にして自身を鼓舞。

サービスキープが続く中、第9ゲームでラモス=ヴィノラスにブレークチャンスを与えるもサーブ・アンド・ボレーを決めるなどでピンチをしのぐと、第10ゲームではミスを誘い出してブレーク。第1セットを45分で先取した。

第2セット、錦織は第7ゲームでブレークポイントを握られたが、サービスエースを決めてキープに成功。その後は5本マッチポイントを逃したがタイブレークを制し、2時間を超える戦いに終止符を打った。

2回戦では、第10シードのS・ワウリンカ(スイス)と予選から勝ち上がってきた世界ランク249位のL・ムセッティ(イタリア)の勝者と対戦する。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはR・ナダル(スペイン)、第3シードはS・チチパス(ギリシャ)、第4シードはM・ベレッティーニ(イタリア)、第5シードはG・モンフィス(フランス)、第6シードはD・ゴファン(ベルギー)、第7シードはF・フォニーニ(イタリア)、第8シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)

日本勢では、世界ランク50位の西岡良仁も出場し、1回戦で同39位のM・キツマノビッチ(セルビア)と顔を合わせる。

世界ランク92位の内山靖崇、同94位の杉田祐一、同117位のダニエル太郎は予選で敗退した。

[PR]「錦織圭出場予定!男子テニスATPツアー マスターズ1000 ローマ」9/14(月)〜9/21(月・祝)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!優勝記念特番「全米2で目の制覇!世界が称賛する大坂 なおみ 絶対女王への道のり」9/21(月・祝)午後0:30「全仏オープンテニス」9月27日(日)〜10月11日(日)WOWOWで連日生中継!

■詳細・配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加