北海道栄・小沼「ぶっ倒れても投げ抜こうと」気迫の2戦連続完投/南北海道

北海道栄・小沼「ぶっ倒れても投げ抜こうと」気迫の2戦連続完投/南北海道

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

北海道栄対札幌第一 8回裏、無失点に抑え叫ぶ北海道栄・小沼(撮影・黒川智章)

<高校野球南北海道大会:北海道栄3-2札幌第一>◇20日◇準々決勝◇札幌円山

北海道栄・小沼が気迫の2試合連続完投で、札幌第一を下した。「今日はぶっ倒れても1人で投げ抜こうと思っていた」と振り返った。6回には1点差に迫られ、なおも無死三塁の絶体絶命のピンチを背負うも「全力で抑えに行った」と後続を一ゴロ、中飛に打ち取ると、最後は「1番良かった球」というスライダーで三振に斬り窮地を脱した。

春に準優勝するも、「以前と変わらず必死に練習してきた」と言う。次は好投手木村擁する優勝候補の北海と準決勝を戦う。「木村選手と対戦できるのは楽しみ。チャレンジャー精神で臨み、北海を倒して甲子園に行きたい」と次戦に向け気合を入れていた。

▽3年ぶりの南大会4強進出を決めた北海道栄・糸瀬直輝監督(46) (準決勝へ)勝ってくるチームに弱いチームはない。チャレンジ精神を忘れず、ミスを恐れずやらせていきたい。

▽勝ち越し適時打を放った北海道栄の佐々木 コンパクトに振れたのが良かった。春は準優勝だったが、決勝の好機で打てなかったので、必ずランナーを返すという気持ちで打席に入っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加