おいでやす小田 10年前に買ってカビっぽくなったバスタオルの捨て時がわからない。使うほど肌触りがよくなってて、吸水力もハンパない

おいでやす小田 10年前に買ってカビっぽくなったバスタオルの捨て時がわからない。使うほど肌触りがよくなってて、吸水力もハンパない

  • 婦人公論.jp
  • 更新日:2022/11/25
No image

10年前に買ったバスタオル。カビが生えても捨てられない理由とは――(写真提供:ヨシモトブックス)

モノを捨てられない男、おいでやす小田さん。すさまじい物持ちの良さがテレビ番組で取り上げられたところ、有吉さんに引かれ、周りの芸人仲間にも引かれ、家族にも引かれてしまったそうです。昨今「ミニマリスト」「断捨離」という言葉が流行する中、あえて「NO断捨離」を貫いている小田さんの捨てられないモノの一つに、10年物のカビが生えた「バスタオル」があるそうで――。

【写真】妻にもう使いたくないと言われた10年物のタオル「吸水力は抜群」

* * * * * * *

毎日使うものの異変には気づかない

バスタオルは、10年くらい前にブルーとピンクのセットで買ったと思います。まだ結婚する前ですけど、妻用と僕用ってことで2枚買いました。

なぜかブルーのほうだけなくて、もう3年ぐらい妻に「青、どこいった?」って聞いてるんですよ。

でも、妻は「わからへん」って言うだけなんで、もうないかもしれません。

ピンクのほうは、妻がもう使いたくないって言うんで、いまは僕が使ってます。

なんやろ、使えば使うほど肌触りがよくなってて、吸水力もハンパないんですよ。ちょっと生地がモケモケした感じになってるからかな。

こんなん出してもスカしですよ

ただ、機能的には気に入ってるんですけど、うっすらカビっぽいところがあるんですよね。

テレビで見せたことがあって、「カビになってるで。それはもう捨てるときやろ」って言われました。

No image

『僕はどうしても捨てられない。』(著:おいでやす小田/発行:ヨシモトブックス、発売:ワニブックス)

出演者数人で家にある年季の入ったものを紹介するっていう企画だったんですけど、ほかの人のものを見たときには、「俺のタオル、めっちゃ弱いな」と思ってたんです。

そしたら、スタッフさんは僕のタオルを最後に出すと言うから、「いやいや、さんざんすごいもの見たあとにこんなん出してもスカしですよ」って言ってたんですよ。

あれ、これもアカンのかな?

で、いざ出してみたら、みんな「何それ⁉」ってびっくりしてて……。

そのときに気づきました。「あれ、これもアカンのかな?」って。いままでなんの疑問も感じてなかったんですけどね。

自分は毎日のように使ってるから気づかないだけで、知らん人がいきなり見たらびっくりするんでしょうね。そこを意識するようになったら、見方がちょっと変わるのかも。

だから、さすがにこのタオルは捨てようかと思ってるんですけど、捨てた途端にブルーのほうが出てきたらどうしようっていう……そんなん考えたら、もうちょっと待っとこうかって思ってしまう。別に妻との思い出があるとかそういうわけではないんですよ。

ただ、モノに愛着はあって、擬人化とまではいかなくても、ピンクとブルーはセットだったのに、バラバラに捨てるのはちょっと……みたいな気持ちがなんとなくあるというか。まあ、捨ててもいいんですけど、微妙なところですねぇ。

タオルの捨てどき問題

タオルといえば、5upよしもとっていう劇場ができたときのイベントのタオルも、2011年からずっと使ってます。

それもなんの疑問もなく持ち歩いてたら、知らん間に10年経ってて、アキナの秋山(賢太)に「いつまで使ってんねん!」ってツッコまれました。

「懐かし~! どうしたんすか⁉ そんな人いないですよ。どっかから出てきたんですか?」って言うから、「いや、ずっと使ってんねん」って答えたら、「えぇ~⁉」ってめちゃくちゃ騒がれて。

No image

モノ持ちが良すぎてまわりから引かれてしまったという、おいでやす小田さん(写真提供:ヨシモトブックス)

それ以来、アキナと劇場でいっしょになるときはこのタオル持っていきにくいなと思って、スケジュールを調べるようになりました。

でも捨てるという発想にはならないんですよね。家で使う手もありますけど、家用は家用で長く使ってるタオルがありますし。

そもそもタオルとかハンカチってなかなか悪くならないから、捨てどきがわからなくないですか?

※本稿は、『僕はどうしても捨てられない。』(発行:ヨシモトブックス、発売:ワニブックス)の一部を再編集したものです。

おいでやす小田

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加