夫の死後「また会えた」と思った瞬間。最愛の人を看取った妻の体験談

夫の死後「また会えた」と思った瞬間。最愛の人を看取った妻の体験談

  • ママリ
  • 更新日:2022/11/25

夫が事故にあったとの知らせを受け、病院に向かった西山ともこ(@nishiyama_tomoko07)さんのフォロワーさん。夫との面会を果たすも、すでに心臓が止まっていると告げられます。妻として、苦渋の決断をしなければいけませんでした。そして夫亡き後、第2子を出産。生まれたばかりのわが子を見た瞬間、芽生えた感情とは?エピソードをごらんください。

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

夫の最後の願い

事故にあう前日、夫と交わした何気ない会話を思い出した主人公。病室に静かに横たわる夫の願いは「妻と子ども、孫に看取られること」でした。

息子さんはこのとき、まだおなかの中。当然、孫もいません。夫が願った最期とは違う結末に、胸が痛みます。

苦渋の決断のとき

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

管を付けられ、静かに横たわる夫。妻として、つらい決断を迫られます。夫の表情が苦しそうに見えてしまい、機械を止めてほしいと告げます。

「生きていてほしかった」。この言葉に、すべてが詰まっていますね。妻として、そして母として。どれほど苦しい決断だったことでしょう。

夫亡き後、第2子を出産

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

No image

©nishiyama_tomoko07

本心では「生きていてほしかった」と思いながらも、苦渋の決断をした主人公。夫の葬儀を終えたころ、第2子を出産します。

第1子の出産のときとは異なる感情を抱いた主人公、それが「また会えた」という思い。これから家族3人。力を合わせて幸せになってほしいと願わずにはいられません。

ももこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加