アニメ「ブルーロック」チームVは勝つ?試合結果やメンバーの声優、原作漫画の何巻何話に登場するかを解説

アニメ「ブルーロック」チームVは勝つ?試合結果やメンバーの声優、原作漫画の何巻何話に登場するかを解説

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2023/01/25
No image

2022年10月よりスタートしたアニメ「ブルーロック」は、高校生たちのサッカー日本代表入りをかけたサバイバルマッチを描く、異色のスポーツアニメです。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の原作・金城宗幸氏、作画・ノ村優介氏による同名漫画。2023年1月現在、累計発行部数1700万部を突破する人気作です。

【動画】アニメ「ブルーロック」

この記事では、アニメ「ブルーロック」に登場する、主人公のライバルチーム・チームVについて解説。メンバーやその声優、試合結果についてまとめました。

チームVが登場するアニメ「ブルーロック」とは

No image

日本代表がワールドカップ決勝トーナメントに進出するも、ベスト16という結果で幕を下ろした2018年。世界の壁の厚さを知った日本フットボール連合(JFU)は、日本サッカーに優勝杯をもたらす革命的なストライカーの育成を目的に“ブルーロック(青い監獄)”プロジェクトを始動。従来のチームプレー重視のサッカーを捨て、“己のゴールを何よりの喜びとし、その瞬間のためだけに生きる”エゴイスティックなストライカーを養成するべく300人の高校生たちを招集します。

主人公の潔世一(いさぎ よいち)も、招集された高校生のひとり。彼らは、世界一のストライカーを目指して、選手生命を賭けたサバイバルマッチに身を投じます。

チームVメンバーの基本情報!声優などのプロフィールを紹介

チームVは、主人公・潔が属する“ブルーロック(青い監獄)”伍号棟における、一次選考の最多勝利チームです。おもなアタッカーは、背番号11番の凪誠士郎(なぎ せいしろう)、9番の御影玲王(みかげ れお)、10番の剣城斬鉄(つるぎ ざんてつ)の3名。エースの凪は、高度なトラップ技術を持つトリッキーな得点王。脚力に優れた斬鉄は、シュート力と加速力で相手を圧倒します。そんな抜きん出た才能を持つメンバーと、ゲームメイクに長けた玲王のアシストが組み合わさり、チームVは個人技でもチームプレーでも大量得点を重ねる最強チームです。

めんどくさがりのトリックスター・凪誠士郎

No image

凪は、伍号棟において初期BL(ブルーロック)ランキング最上位の221位です。サッカーを始めて半年ながら、一次選考における成績はチーム内最多の10ゴールと、得点王となるほどの活躍を見せました。とくに、そのトラップ技術は群を抜いています。しかし、日常生活ではサッカーを始めるきっかけとなった同級生・御影玲王に、おんぶして運んでもらうほどのズボラ。サッカーにもあまり興味はなく「めんどくさい」が口グセのマイペースな性格です。

凪を演じる声優は、島崎信長(しまざき のぶなが)さん。アニメ「ソードアート・オンライン」のユージオ役、アニメ「呪術廻戦」の真人役などが代表作です。

アニメ「ブルーロック」公式サイトでは、スポットムービー・凪誠士郎&御影玲王編が公開されています。

ハイスペックオールラウンダー・御影玲王

No image

玲王は初期BLランキング222位で、頭脳明晰、運動神経バツグンのオールラウンダーです。大企業・御影コーポレーションの御曹司として、幼い頃から一流の物に囲まれてきたこともあり、サッカーにおける分析力や戦術眼はトップクラス。ボールコントロールを得意とし、凪や斬鉄など仲間の能力を最大限に引き出すアシストにも秀でた選手です。

玲王を演じる声優は、内田雄馬(うちだ ゆうま)さん。アニメ「マクロスΔ」のハヤテ・インメルマン役、アニメ「呪術廻戦」伏黒恵役などが代表作です。

ちょっぴり頭が弱い俊足フォワード・剣城斬鉄

No image

斬鉄は初期BLランキング223位の実力者で、爆発的な加速力と、左足からの正確なシュートを武器としています。頭を良く見せたいがために熟語・横文字を多用しますが、使い方がほとんど間違っていて、玲王と凪から「バカ斬鉄」と呼ばれています。トレードマークのメガネも、賢く見せるための伊達メガネです。

斬鉄を演じる声優は、興津和幸(おきつ かずゆき)さん。アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のジョナサン・ジョースター役、アニメ「炎炎ノ消防隊」カリム・フラム役などが代表作です。

アニメ「ブルーロック」公式サイトでは、スポットムービー・剣城斬鉄編が公開されています。

そのほかの所属メンバー

11人が所属するチームVですが、アニメで名前が明かされているのは、凪・斬鉄・玲王のみ。ほかの8名は、アニメEDのクレジットではチームV○番とされています。ここでは「ブルーロック 公式キャラクターブック EGOIST BIBLE」で公開されている、チームV所属メンバーの名前を紹介します。

【チームVの所属メンバー】
1番:土方喜三郎 (ひじかた きさぶろう)
2番:練馬烈 (ねりま れつ)
3番:根本蒼太 (ねもと そうた)
4番:保灰力也 (ほはい りきや)
5番:緑川平和 (みどりかわ ひらかず)
6番:温芽真澄 (あたため ますみ)
7番:海老名修平 (えびな しゅうへい)
8番:鳥飼漢二 (とりかい かんじ)

チームVとチームZの対戦結果は?原作漫画では何巻のエピソード?

それまで負けなしだったチームVですが、一次選考最終試合では4対5のスコアでチームZに敗北します。試合前半は、玲王と凪の息の合ったスーパープレイや、斬鉄のコントロール力を活かしたシュートが決まり、チームZの潔は「絶望的に勝てる気がしない…」と悲観していました。しかし、凪2本、斬鉄1本のゴールにもくじけなかったチームZ・蜂楽の独走シュートを契機に、チームZが奮起。凪が追加点を奪うも、主人公・潔が見せた進化の前に、優勢だったチームVが黒星を喫する結果となりました。

両チームの対戦が描かれたのは、アニメ第8話「成功(ゴール)の方程式」から第11話「最後の欠片(ピース)」。原作コミックスでは4巻26話「LAST GAME」から5巻37話「最後の欠片(ピース)」にあたります。

チームVは二次選考に進出した?

チームZとの試合で敗北したチームVの最終成績は、4試合中3勝1敗。一次選考を1位にて通過します。1位・2位チームのメンバーは全員通過が約束されていたので、チームVに一次選考での脱落者はおらず、全員が二次選考に進んでいます。

アニメ「ブルーロック」チームVのまとめ

チームVは“ブルーロック(青い監獄)”伍号棟に所属する、一次選考最多勝利チームです。オールラウンダーの御影玲王を中心に、トリッキーなエースの凪誠士郎、俊足の剣城斬鉄を擁しています。今後のアニメ第2クールでは、二次選考に進出したチームVメンバーのさらなる進化が期待されます。

※島崎信長の「崎」は、正式にはたつさきの字
(C) 金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加