独立リーグの四国 徳島で新たに7人がコロナ感染 活動休止と計10試合の中止を発表

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

独立リーグの四国アイランドリーグPlusは、コロナ禍により徳島インディゴソックスを活動休止とし、計10試合の中止を発表した。

徳島では1日に選手1人が新型コロナウイルスに感染。2日に球団関係者47人がPCR検査を受けたところ、新たに7人の陽性が判明した。5人が結果待ちだという。感染した8人はいずれも軽症、もしくは無症状。

徳島はすでに1~3日の3試合の中止を発表していたが、この日新たに4日から18日までの7試合を中止に。計10試合が中止となった。リーグ内で徳島の関連しない試合は行う。

四国アイランドリーグplusの馬郡健代表は「これまでも選手・関係者に対し感染拡大防止に向けた啓発を行ってきましたが、引き続き保健所と連携協力し、選手・関係者に呼びかけるとともに、感染拡大の防止に尽力してまいります」などとコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加