札幌、トップチーム関係者1人がコロナ陽性

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14

北海道コンサドーレ札幌は14日、トップチーム関係者1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。

同関係者は、7日に抗原検査で陽性判定を受けた別のトップチーム関係者との濃厚接触者とクラブが判断し、7日から自主隔離していた。このほど保健所から濃厚接触者に認定され、13日にPCR検査を実施。この日、判定を受けた。発熱などの症状はないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加