踏みとどまった渋野日向子“逆転V”へ巻き返し誓う 山下美夢有は優勝圏内5位に浮上

踏みとどまった渋野日向子“逆転V”へ巻き返し誓う 山下美夢有は優勝圏内5位に浮上

  • e!Golf
  • 更新日:2022/08/06

「久しぶりの4日間のラウンド」

◆米国女子プロゴルフ<AIG全英女子オープン 8月4~7日 ミュアフィールド(スコットランド) 6649ヤード・パー71>

渋野日向子がメジャー2勝目に望みをつないだ。

AIG全英女子オープン2日目、6アンダーの単独首位でスタートした渋野は、1番でいきなりボギーをたたく苦しいスタート。その後は、惜しくもバーディーを逃すホールが続き、6番では2つ目のボギーをたたいてしまう。

【動画】渋野日向子が初日に披露した“ベタピン”スーパーショット

No image

首位と4打差の7位タイで2日目を終えた渋野日向子 写真:Getty Images

嫌なムードを吹き飛ばしたのは、9番のパー5。4メートルの距離を決めてようやくバーディーがきた。

14番では難しいバンカーからボギーとしたものの、この日は、1バーディー、3ボギーの2オーバー。通算4アンダーで7位タイに後退したが、首位とはまだ4打差。十分に逆転可能な位置にいる。

「久しぶりの4日間のラウンドなので、明日も楽しんで良い位置でいれるように」と、優勝圏内で最終日を迎えることを誓った。2019年以来の全英女子オープン2勝目へ。期待が集まる中での決勝ラウンドに向かう。

また、身長150センチの小柄な山下美夢有が、強烈な存在感を見せた。5番パー5の第2打は、グリーン手前にキャリーしてスルスルと転がり、ピンそば1.2メートルまで寄っていく。これを沈めてイーグルを奪取。

「そこから流れよく回ることができました」と振り返った一打は、練習ラウンドからコースマネジメントを十分に考えてきた結果でもある。

1イーグル、3バーディー、2ボギーの3アンダーで回り、通算5アンダー。気が付けば首位と3打差、12人出場している日本勢の中で最上位に浮上していた。

好プレーのポイントについて「ショートゲームです」と自己分析。初日に続いてこの日も、パーオンしたのは、18ホール中11ホールしかなかったが、絶妙なアプローチとパッティングでしのいだ。

オフシーズンに、同じマネジメント会社の大先輩で、リンクスでの経験豊富な中嶋常幸からショートゲームを伝授されたことも影響している。

「練習ラウンドからリンクスの攻め方を考えながらやってたんで、スコアが勝手についてきました」と笑う姿は、日本にいるときと、ほとんど変わらない。逆転でのメジャー優勝を意識することもなく、残り2日間に挑む。

堀と畑岡は17位タイで予選を通過

光るプレーを見せたのが堀琴音だ。1オーバーの44位タイと、予選落ちの可能性もある位置からだったが、18ホール中、グリーンを外したのは2回だけという正確なショットでスコアを伸ばした。

4バーディー、1ボギーで通算2アンダー。首位と6打差の17位タイと、予選通過どころか上位が狙える位置に上がってきた。

メジャー出場は、2016年の全米女子オープン、2017年の全英女子オープンに続いて5年ぶり3回目。その間には、日本でシードを落とすなど、どん底を味わった。

そこから這(は)い上がり、日本で2勝して戻ってきたメジャーの舞台。感じたのは「全部のレベルが上がった」ということだった。残り2日間、自信とともにさらに上位を狙う。

また、畑岡奈紗も堀と同じ17位タイで予選を通過。ショットは悪くないものの、パットが決まらないストレスを乗り越えながらのプレーだが、初のメジャータイトルへ向けて、逆転を狙う。

前週、米ツアー初優勝を飾った古江彩佳は、西村優菜とともに通算4オーバーの66位タイと、1打足りずに予選落ち。西郷真央、笹生優花も含めた残りの日本勢は、いずれも予選落ちを喫している。

渋野日向子(しぶの・ひなこ)

1998年生まれ、岡山県出身。2019年のAIG全英女子オープンでメジャー初制覇。同年は国内ツアーでも4勝をマークし、賞金ランキング2位と躍進した。2020-21シーズンは、日本ツアーで2勝。同年に米国女子ツアーのファイナルQTを20位で突破し、今季から米ツアーを主戦場に戦う。国内6勝、海外1勝。サントリー所属。

小川淳子(ゴルフジャーナリスト)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加