「ただ離婚してないだけ」第3話レビュー:あの時どうすればよかったのか? 不幸の連鎖が止まらない...(※ストーリーネタバレあり)

「ただ離婚してないだけ」第3話レビュー:あの時どうすればよかったのか? 不幸の連鎖が止まらない...(※ストーリーネタバレあり)

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2021/07/22
No image

→「ただ離婚してないだけ」第3話画像ギャラリーへ

【関連記事】「ただ離婚してないだけ」第1話レビュー

【関連記事】「ただ離婚してないだけ」第2話レビュー

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演をつとめるドラマ「ただ離婚してないだけ」が、2021年7月7日に放映スタートした。

本田優貴による人気コミックを原作としたこのドラマは、夫の不倫をきっかけに巻き起こる、いつ自分の身に起こっても不思議ではない戦慄の展開で話題沸騰の、未だかつてない不倫サスペンス作品。

本記事ではその第3話をcinemas PLUSドラマライターが紐解いていく。

「ただ離婚してないだけ」第3話レビュー

中絶手術を終えた後、正隆(北山宏光)に「私、がんばったよ」と無理やりに笑顔を作って言う萌(萩原みのり)が、何度見ても痛々しい。でも、これはまだ入り口に過ぎなかった。

萌とあんなことがあったにもかかわらず、正隆は平然と暮らしていた。ソファに寝転んで電動歯ブラシなんて、いいご身分ですね、という気持ちになる。挙句、萌からの「今日は会える?」という連絡に、あからさまに面倒くさそうな表情。もしかして、もう女遊びは懲りたんだろうか。だったらいいのに、と思った矢先、正隆が見ていたのはマッチングアプリ。どこまでもクズ…! と思うと同時に、なんだか自ら不幸の奥深くへ潜り込んでいっているように見えた。

それは雪映(中村ゆり)も感じていたらしい。正隆が出張と称して鎌倉の高級旅館に泊まったり、口座から一気に20万円を引き出したり、度を過ぎた行動の数々に、我慢は限界に達していた。

萌からは自分を責め立てるような大量のLINEが届き、新しく引っかけた女の子はホテルに連れ込むも逃げられ、おそらくは散々な気分で帰宅した正隆。真っ暗な部屋の電気をつけると、今日も今日とてしっかりと準備された食卓を前に、雪映が静かに座っている。ある意味、恐怖映像だ。でも、暗闇に突如現れたことで、食卓の彩りがより鮮明に見えた気がした。この人は、いつも不機嫌で会話もままならない夫のためにここまで…と改めて気付く。

正隆が「なんとか言えよ!」と怒鳴ると、「これ以上自暴自棄にならないでよ! もっと自分を大切にして」と泣き出す雪映。生き生きと仕事をしていた姿を見てきて、いつか必ず立ち直るはずと信じてきたからこそ、ここまでやってこられたんだろう。「生き直してよ」「あなたを見捨てない」…初めて雪映が感情を言葉にしたんじゃないか。もしかしたらその裏側には、雪映の自己満足や執着も含まれているかもしれない。でも、今この状況で正隆に向き合ってくれるのは、たぶん雪映だけだろう。この叫びを無下にしたらだめだよ、がんばれ、と知らず知らず正隆を応援してしまっていた。

正隆は、萌に「別れよう」とLINEを送る。もうちょっとしっかり話をしなきゃ…と思ったのも束の間、LINEを受け取った萌は放心状態のまま、ほとんど躊躇いもなく手首を切る。なんでなんで、と泣く萌はやつれ果てていて、その迫力に息を呑んだ。萩原みのり、すごい演技だ…。

1人の若い女の子を地獄に落としておいて、おそらくはそのことに無自覚だろう正隆は、仕事にもやる気を見せる。今まで嫌味しか言ってこなかった編集者とは違う人と打ち合わせをしていた。そうそう、そうやって関わる人もある程度は選んだ方がいい。

雪映との間にも会話があるし、なんだか自然に夫婦になっていてほっとした。コーヒーを淹れようとしてフラついた雪映をすっと支える仕草もまったく白々しくないし、見ていて気まずい感じもない。ここまでの鬼気迫る正隆もかなり見応えがあったが、過不足のないこの微妙な塩梅をうまくやってのける北山宏光に脱帽してしまった。(え、あのシーン、すごくなかったですか…?)

何もかもうまくいきそう。光明が見えてきたとき、雪映が待望の妊娠。しかし、婦人科には萌も居合わせていて、雪映の妊娠をしってしまう。もうずいぶん人相が変わってしまっている。「おめでとうございます」の笑顔が怖い。

妊娠を知り、喜びから笑顔を隠せていない雪映、めちゃくちゃ可愛い。この笑顔、ずっと守りたい…が、現実はそんなに甘くなかった。突如正隆らの家を訪ね、ずかずかと上がり込んでくる萌。表情、言葉、行動、すべてから、精神的に壊れてしまっていることが分かる。萌は包丁を手に雪映に襲い掛かろうとするも、正隆が止めに入る。この状況で逃げずに雪映を守ったことで、また少し見直した。いや、これ全部正隆が蒔いた種なんだけど。

もみ合いの末、不可抗力で萌を刺してしまった。床には大量の血液。開ききった瞳孔に、もう息絶えていることが分かる。

こんなことってあるだろうか。せっかく前を向き、少しずつ歩み始めたところだったのに。あぁ、でも全部正隆が悪い。

こうならないためには、どうすればよかんあんだろう。中絶をする前に、正隆が萌の話をもっとしっかり聞いていたらよかったのか? 別れ話を、納得がいくまで重ねておけばよかったのか?
なんだかどれも違う気がする。どんな選択をしても、同じところにたどり着いてしまっていたんじゃないか。

ジェットコースターのように物語が進んだ3話。この先、どんな未来が待っていても、見届ける覚悟を持っておこうと思う。

「ただ離婚してないだけ」第3話ストーリー

正隆(北山宏光)との子供を堕胎した萌(萩原みのり)。手術の日以来、正隆から連絡を無視され、不安を募らせていた。妻の雪映(中村ゆり)もまた正隆が銀行口座から引き出した20万円を不審に思っていた…。

そんな折、萌は術後の不正出血で産婦人科へ行くと、雪映に出くわし、衝撃の事実を告げられる。それを聞いた萌は、子供を堕ろした深い悲しみと積み重なり、徐々に正気を失っていく。物語はスピードを上げて転がり落ち、衝撃の展開へ…!

(文:あまのさき)

--{「ただ離婚してないだけ」作品情報}--

「ただ離婚してないだけ」作品情報

一つの不倫が招いた「最悪」の結末・・・
テレ東深夜が放つ、
ドラマ史上最も恐ろしい「不倫サスペンス」

結婚、妊娠、不倫――結婚生活7年目を迎えた、ただ離婚してないだけの冷え切った夫婦を描いた、本田優貴による人気コミック「ただ離婚してないだけ」 (白泉社)。夫の不倫をきっかけに巻き起こる、いつ自分の身に起こっても不思議ではない戦慄の展開で話題沸騰の、未だかつてない不倫サスペンス作品が、テレビ東京にて毎週水曜深夜に放送中のドラマ枠「ドラマホリック!」第7弾として実写ドラマ化!

一体なんでこんなことに…
結婚と不倫の果てに待ち受けていたものとは!?
「不倫」を深く、恐ろしく、切なく描いた、
未だかつてない不倫ドラマ「ただ離婚してないだけ」。
夫婦とは、そして家族とは・・・
史上最も恐ろしい不倫サスペンスをお見逃しなく!

あらすじ

フリーライターの柿野正隆(北山宏光)と、小学校教師の柿野雪映(中村ゆり)は、結婚7年目となる夫婦。お互いへの恋心はなく、関係は「ただ離婚してないだけ」。しかも正隆には萌という不倫相手がいて――。
ちょっとした出来心・遊び心が招いた最悪の事態…いつ自分の身に起こっても不思議ではない、罪が罪を招く、史上最も恐ろしい“衝撃の不倫サスペンス”ここに開幕!!

原作:本田優貴 コメント

長年思い続けていた念願の、、いや、野望でもありましたテレビドラマ化!
とても嬉しいです。
とてもハードな内容ですが、この夫婦の再生物語を主演の北山宏光さんがどんな形で再現してくれるのか今から楽しみです。
僕の描いた原作よりも深く、、濃く、、そんなドラマになることを期待しています。

プロデューサー:松本拓 コメント

約2年前、この原作に出会った時、そのタイトルから素直に面白そうだなと思いました。原作は2時間程で一気読み。このストーリー展開は、連ドラにもってこいだと感じたのを覚えております。
「夫婦」の話をやってみたい。
ずっとそう思ってきましたが、なかなか自分が自信を持って臨めるものに出会えませんでした。しかし、この「ただ離婚してないだけ」という原作に出会い、自分の中で一つ大きな扉が開いた気がします。
真の意味で、「夫婦」を繋ぐものとは一体何なのか。
今まで、テレビドラマでは描いてこなかったレベルまで、それを追求していきたいと思います。
北山さん、中村さんが演じる夫婦が、ある事件をきっかけに「最悪」の方向へ向かいます。しかし、この夫婦にとって、その「最悪」は「希望」でもありました。「不倫」「殺人」「隠ぺい」「絶望」そして「希望」。まさに令和のジェットコースタードラマ。中途半端には描きません。人間の「汚さ」、「脆さ」、そして「暖かさ」を究極なまでに突き詰めていこうと思います。
ご期待ください。

番組概要

番組名
ドラマホリック!「ただ離婚してないだけ」

放送日時
2021年7月7日(水)深夜0時

放送局
テレビ東京ほか

配信
動画配信サービス 『Paravi』『ひかりTV』にて配信予定

Paravi
https://www.paravi.jp

ひかりTV
https://www.hikaritv.net/

原作
本田優貴「ただ離婚してないだけ」 (白泉社)

出演
北山宏光(Kis-My-Ft2)中村ゆり 萩原みのり 深水元基
北川拓実(少年忍者/ジャニーズJr.) 大原優乃 山口祥行
西川可奈子/武田航平 団時朗 甲本雅裕 杉本哲太

監督
安里麻里 角田恭弥 松本拓

脚本
田中眞一 清水匡 安里麻里

主題歌
Kis-My-Ft2 「Fear」(avex trax)

チーフプロデューサー
山鹿達也(テレビ東京)

プロデューサー
松本拓(テレビ東京) 矢崎ゆうこ(ジェイ・ストーム) 中野剛  加藤毅

制作
テレビ東京/ジェイ・ストーム/東映ビデオ

製作著作
「ただ離婚してないだけ」製作委員会

公式HP
https://www.tv-tokyo.co.jp/tadarikon/

公式Twitter
@tx_tadarikon
公式ハッシュタグ [#ただ離婚してないだけ][#ただリコ]

あまのさき

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加