インクジェットプリンター8機種10モデル エプソン

インクジェットプリンター8機種10モデル エプソン

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/10/18

エプソンは、インクジェットプリンター8機種10モデルを2020年10月22日から順次発売する。

No image

ローコストで大容量の「エコタンク」搭載モデル

ボトルから補充でき、ローコストで大容量の「エコタンク」搭載モデルは、A3ノビ対応「EW-M973A3T」(21年2月発売)、A4対応「EW-M873T」(12月初旬発売)、同「EW-M752TB」の複合機3モデルをラインアップ。

「EW-M973A3T」「EW-M873T」は、いずれも新開発の「ClearChrome K2 Plusインク」を搭載し、顔料と染料の2種類のブラックインクを含む6色対応。これまで表現が難しかった「Velvet Fine Art Paper」などのアート紙での表現が格段に向上したという。

2種類の用紙を収納できる「前面2段給紙カセット」を装備。上段にはL判からB6まで最大20枚、また下段はL判からA4まで最大100枚の用紙を収納可能。用紙厚1.3ミリ、長さ2メートルまで対応のストレート給紙(リア手差し)、ファインアート紙の給紙もできる背面トレイも備える。写真用紙のほかCD/DVDなどのレーベルプリントにも対応する。

SDメモリーカードスロットを搭載し、パソコン不要でメモリーカードやUSBメモリーから直接画像を読み込める。「作品印刷」機能を使用すれば、作品の色味の確認や変更が可能だ。

スマートフォンアプリ「Epson Smart Panel」からの簡単操作で、スキャンやコピーが楽しめる。

「EW-M752TB」は、19年発売「EW-M752T」のブラックモデルとなっている。

カートリッジ方式は、いずれもスマートフォンとの接続が簡単なコンパクトボディーのA4対応複合機。「EP-883A」「EP-813A」「EP-713A」を用意する。

このほか、FAX機能とADF(オート・ドキュメント・フィーダー)を搭載した「EW-M530F」、十二支分の年賀状など1000種のハガキテンプレートを収録したハガキプリンター「PF-81」も発売する。

いずれも価格はオープン。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加