三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 プラグインハイブリッドモデルに「マイパイロット」を採用

三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 プラグインハイブリッドモデルに「マイパイロット」を採用

  • webCG
  • 更新日:2021/11/25
No image

この記事の画像を見る

三菱自動車は2021年11月25日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良し、販売を開始した。

今回は運転支援装備の拡充を図ったほか、装備を充実させつつ価格を抑えた特別仕様車「Gリミテッドエディション」を設定している。

プラグインハイブリッド(PHEV)モデルには高速道路の同一車線運転支援機能「マイパイロット」を新たに採用(「P」「G」グレードに標準装備)。アクセルとブレーキ、ステアリング操作を車両が支援することで高速道路での渋滞走行時や長時間の巡行走行時にドライバーの負担を軽減する。

PHEVモデル、ガソリンモデルともこれまでPのみに標準装備だった「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付き)」と「後退時車両検知警報システム」をGにも標準装備としている。

ガソリンモデルに設定される特別仕様車のGリミテッドエディションは、エントリーグレード「M」と中位グレードGの中間的な価格設定。切削光輝仕上げの18インチアルミホイールに加えて、上級ファブリック素材のシートやブラック加飾付きの本革巻きステアリングホイール、フロントドア部分のLEDインテリアイルミネーションによって上質感を向上させた。さらに、レーダークルーズコントロールやヘッドアップディスプレイ、ブレーキオートホールド機能付きの電動パーキングブレーキ、運転席・助手席シートヒーター、左右独立温度コントロール式フルオートエアコンを採用するなど、主要装備ではGにヒケを取らない内容となっている。

三菱エクリプス クロスのラインナップと価格は以下の通り。Gリミテッドエディションのみ2022年1月下旬発売予定となっている。
【プラグインハイブリッドモデル】

M:384万8900円(4WD)

G:424万0500円(4WD)

P:451万円(4WD)

【ガソリンモデル】

M:253万1100円(FWD)/275万1100円(4WD)

Gリミテッドエディション:275万7700円(FWD)/297万1100円(4WD)

G:292万2700円(FWD)/314万2700円(4WD)

Gプラスパッケージ:312万6200円(FWD)/334万6200円(4WD)

(webCG)

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加