マヂラブ野田クリスタル「マッチョ順に面白い」持論展開 さんまは?と聞かれると...

マヂラブ野田クリスタル「マッチョ順に面白い」持論展開 さんまは?と聞かれると...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/21

お笑いコンビの「マヂカルラブリー」野田クリスタル(34)が20日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)にゲスト出演し、「ダウンタウン」の松本人志に憧れてマッチョになったことを明かした。

No image

「マヂカルラブリー」の野田クリスタル

野田は、「いきなり!ステーキ」のヘビーユーザーであると語り、もともとは身長1メートル78で体重が60キロと「ガリガリ」だったが「肉のみを頼むというのを去年、おととしくらいにひたすらやり続けて、10万グラム食べまして…」という生活を続けたという。その結果、体重を20キロ増やし、その一方体脂肪率は2%減るという驚異的な身体を作り上げたと明かした。「いきなり!ステーキ」では「ダイヤモンド会員」で、いつも食べるのはワイルドステーキ450グラムで、脂身少な目にしてトッピングも付け合わせもなしというものだという。

MCのお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が「なんで鍛えようと思ったの?」と聞くと、野田は「ダウンタウンの松本さんがマッチョ。マッチョ順に面白いんじゃないかという説が僕の中にある」と語り、「ミルクボーイ」の駒場孝(35)、「ジャルジャル」の福徳秀介(37)の名前を出した。だが、加藤が「さんまさんはマッチョじゃない…」と言うと「だから今…下の方になっている…」と言い、場を凍らせていた。

また、芸人になろうと思ったきっかけを聞かれた時も「松本さんですね」と即答。中学校時代から松本に憧れネタを書き始め、高校の同級生と「セールスコント」というコンビを組んでTBS「学校へ行こう」に出て優勝もした、と語った。その時も松本にあこがれて、坊主頭にしたと語った。

だが、それで学校でも人気者になったが、「同級生にちやほやされて。自分のことをタレントだと思って、クラスメートのことを素人って呼ぶようになっちゃったんですよ」と話すと、加藤から「周り誰もいなくなっただろう」と聞かれ「ゼロになりましたね。こじらせましたね」と笑った。また、「松本さんはこういう笑いはしないなと思っていましたね。ショートコントだったし。(お客さんに)寄っちゃっていると思っていましたねえ」と言うと、加藤は「お前、間違って松本さんを解釈してると思うぞ」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加