DF藤井が現役引退を発表【群馬】

DF藤井が現役引退を発表【群馬】

  • Jリーグ.jp
  • 更新日:2023/01/25
No image

藤井は東洋大より2014年に大宮に加入。その後、横浜FC、福岡でのプレーを経て、2021年より群馬に在籍していました

ザスパクサツ群馬は24日、DF藤井 悠太が2022シーズンをもって現役を引退することを発表しました。

藤井は東洋大より2014年に大宮アルディージャに加入。その後、横浜FCアビスパ福岡でのプレーを経て、2021年より群馬に在籍していました。

9年に渡る現役生活では、J2リーグ通算95試合に出場しました。

クラブを通じて藤井は、次のようにコメントしています。

「昨シーズンで引退することを決めました!強化指定選手時代から含めてプロ選手として10年間活動した時間は僕の宝物です。大宮アルディージャ横浜FCアビスパ福岡ザスパクサツ群馬で関わってくれた、選手、スタッフ、スポンサー、サポーターの皆様には感謝しかありません!2月から新しい仕事が始まります。次のステージでも頑張ります。ありがとうございました!!」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加