阪神・青柳が投手3冠で表彰「また来年ここに立てるように」

阪神・青柳が投手3冠で表彰「また来年ここに立てるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/27
No image

最優秀防御率投手賞、勝率第一位投手賞、最多勝利投手賞の投手3冠に輝いた青柳(左)は斉藤惇コミッショナーから笑顔でトロフィーを受け取る(代表撮影)

「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」(25日、都内)

阪神・青柳晃洋投手(28)が13勝、勝率・765で2年連続の最多勝&勝率第1位、防御率2・05で初の最優秀防御率も加え、投手3冠を獲得した。

今季は開幕投手に内定していたが、新型コロナウイルス感染により幻に。「コロナで出遅れたところもありましたけど、最後こうやって賞をとることができてすごいうれしいです。良い時ばかりではなかったですけど。チームのみんなのおかげで勝ちがついたり、キャッチャーのおかげで防御率が良かったりというところがあった。良くも悪くも1年間、通して良い成績が出せて良かったなと思っています」とシーズンを振り返った。

ファンへ向けては「いつも応援ありがとうございます。また来年、阪神が優勝できるように、僕がまたここに立てるように個人としても頑張って行くので、応援よろしくお願いします」と力強く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加