選手村での酒類提供は白紙か 武藤事務総長「宣言下であれば、ルールを尊重」

選手村での酒類提供は白紙か 武藤事務総長「宣言下であれば、ルールを尊重」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

IOC理事会プレゼンテーション終了後に、取材に応じる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(代表撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と武藤敏郎事務総長(77)は9日、オンラインで開催された国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で東京大会の準備状況を報告した。

選手村での飲酒が可能となっていることに世論から反発も出ているが、武藤事務総長は「飲酒についてはまだ方針を明確に決めていない。今月中に決めたい」と説明した。現状では選手の持ち込みは禁止していないほか、ケータリングで酒類を提供が可能となっている。

武藤事務総長は「緊急事態宣言下では街でお酒が飲めない。宣言下であれば、そのルールを尊重するのが普通であろうと思う。ケータリングで提供するのかどうか考えたい」とした。ただ、自室での飲酒については「これは我々が自室で飲酒するのと一緒。これを禁止するのは考えにくい」と考えを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加