第2回「ベビカレ☆ファミリー川柳コンテスト」家族部門別「トレンド感たっぷりの受賞作品」発表!

第2回「ベビカレ☆ファミリー川柳コンテスト」家族部門別「トレンド感たっぷりの受賞作品」発表!

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2023/01/25

ベビーカレンダーはこのたびベビーカレンダー会員を対象に、子育てあるある、日々の悩み事、衝撃的なエピソード、コロナ禍やおうち時間で感じたことなどを表現した川柳を募集する「第2回ベビカレ☆ファミリー川柳コンテスト」を実施。10代~60代のママ・パパ・じぃじ・ばぁば・子どもから807作品もの応募をいただきました。厳正な審査をおこなった結果、今回は「ママ部門」「パパ部門」「じぃじ・ばぁば部門」「子ども部門」に分けて受賞作品を発表します!

最優秀賞:1作品(ママ部門より)

No image
No image
No image

イラスト/さくら

最優秀賞「コロナ禍で うれしい陽性 授かった」

ペンネーム:yamameさん(30代/4児のママ)

<応募者コメント>

わが家には、中3の娘と、小6、小4の息子がいます。コロナ禍で家族で過ごすことが増え、主人も一緒に子育てしていると感じることが増えました。そんなとき、今年も楽しみにしているキャンプが明日だというのに、どうしても私の体調がすぐれませんでした。「まさか」と思い検査をすると陽性反応。お腹には小さな命が宿っていました。主人に一番に報告すると、「コロナの陽性じゃないの?」と言われましたが、サプライズ報告したときの子どもたちの喜ぶ様子、私をいたわる姿を見て、「本当に幸せだな」と思いました。

<受賞理由>

「陽性」と聞くと、真っ先に「コロナウイルス感染」が頭に浮かんでしまう昨今ですが、「うれしい陽性」という部分から一気に温かい気持ちに包まれるように、小さな命が宿った喜びが満ちた作品が最優秀賞に輝きました。長引くコロナ禍でも、命を授かる奇跡や家族の絆の深さを感じさせてくれる作品です。あらためて妊娠おめでとうございます!

<ママ部門>優秀賞:2作品

No image
No image

<ママ部門>特別賞:4作品

No image

<編集部コメント>
もっとも多くの応募が集まった「ママ部門」からは、「優秀賞」2作品、「特別賞」4作品を選考。コロナ禍での出産シーンを彷彿とさせる作品や、2022年冬に世界中で開催されたサッカー大会と子育ての日常をリンクさせた作品、加工アプリの話など、このご時世ならではのエピソードが光る作品が選ばれました。

受賞作品以外でも、コロナ禍であってもママが子育てに奮闘しながらそれぞれ前向きに過ごしていることがうかがえる作品が多く、編集部内でもほっこりと温かい気持ちになれる作品が好評でした。

<パパ部門>優秀賞:1作品

No image

<パパ部門>特別賞:4作品

No image

<編集部コメント>
「パパ部門」からは、「優秀賞」1作品、「特別賞」4作品が選ばれました。子ども部屋でリモートワークを続けている心境、ママをやさしい目で見つめる姿、ママの偉大さなど、パパならではの目線で表現した作品が目立ちました。どの作品にも大切な家族への想いが詰まっていて、育児に奮闘するパパの姿も想像できます。

受賞作品以外にも、子育てをしながらのテレワーク、育児シーンでの失敗「あるある」など、クスッとするエピソードが数多く寄せられました。コロナ禍によって家族時間が増え、率先して育児をするパパも増えるなか、それぞれが大切にしているものの存在に目を向けるきっかけになったという方も多いのではないでしょうか。

<じぃじ・ばぁば部門>優秀賞:1作品

No image

<子ども部門>優秀賞:1作品

No image

<じぃじ・ばぁば/子ども部門>特別賞:2作品

No image

<編集部コメント>

「じぃじ・ばぁば部門」「子ども部門」からは、それぞれ「優秀賞」1作品、「特別賞」1作品ずつ選考。かわいい孫の姿を娘に重ねるおじいちゃんの心情、コロナ禍で目覚めたパパの手料理を喜ぶ作品など、何気ない日常の中に転がっている小さな幸せが込められた作品が選ばれました。

受賞作品以外にも、離れて暮らす孫のためスマホやSNSを駆使する様子や、日常化する検査の様子をつづった作品など、このご時世ならではの作品が多く寄せられました。そんな中、離れて暮らす家族と久々に会えたときの喜びをつづった作品も少しずつ増えてきました。次回の開催時には、大切な家族との再会エピソードにあふれる世の中であってほしいなと思います。

ベビーカレンダー編集長コメント

No image

2023年が始まり新型コロナ感染は依然として拡大。今月の15日で新型コロナが国内で確認されてから3年経過となりました。3年目に当たる昨年2022年は新しい生活様式にも慣れてきて、感染対策に気を遣いつつ、日々の生活を楽しもうとする方たちも多く見受けられるようになり、人の強さを感じられた年でもありました。

ママやパパたちの生活も新しい生活様式の中で大きく変わったのではないでしょうか? 慣れない育児に加えて、不安や大変なこともたくさんあることと思います。でも、その倍以上の楽しいこともうれしいこともたくさんあったのではないでしょうか。

そんな日常にある、ほっこりとする瞬間や大変だけど幸せと感じる瞬間、こんな時代だからこそ気づくことができたもの・コトをみんなで共有したいとの想いから始めた「ベビカレ☆ファミリー川柳」。第2回目となる今回も、コロナ禍でも前向きに捉えて、楽しもうとしているママパパの作品が多く寄せられました。

ぜひ、ご覧になっていただき、毎日が少しでも楽しく感じ、笑顔で育児に向き合えるきっかけとなれたら幸いです。

ベビーカレンダーは多くのママ・パパ、赤ちゃんがより一層笑顔になれるよう、引き続き世の中の動きに着目しつつ、ママたちにとって役立つ情報を発信して参ります。

<企画概要>

タイトル:第2回ベビカレ☆ファミリー川柳コンテスト
募集方法:インターネットリサーチ
募集期間:2022年12月5日(月)~12月19日(月)
対象者:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査条件:お子様がいる男女
受賞賞品:

最優秀賞(1点)……Amazonギフト券30,000円
優秀賞(5点) ……Amazonギフト券5,000円
特別賞(10点) ……Amazonギフト券1,000円
出典について:本調査内容を転載される場合は、出典が「株式会社ベビーカレンダー」であることを
明記くださいますよう、お願いいたします。

ベビーカレンダー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加