ウクライナ軍、ソレダル撤退認める ロシア軍「制圧」から10日余り

ウクライナ軍、ソレダル撤退認める ロシア軍「制圧」から10日余り

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/25
No image

"ウクライナ東部ドネツク州ソレダルの破壊されたアパートなどを示す衛星写真。マクサー・テクノロジーズ提供=2023年1月10日、ロイター"

ロシアからの侵攻を受けるウクライナの東部軍の報道官は25日、激戦地だった東部ドネツク州のソレダルから撤退したことを認めた。同国の公共放送が伝えた。ロシア側が13日までに「制圧」を発表したが、ウクライナ側は「戦闘は継続中だ」としていた。

【画像】ウクライナはなぜドイツの戦車を求めるのか 「3大戦車」その性能は

同放送によると、報道官は「軍の人員の命を守るためソレダルを離れ、事前に準備したラインにそって部隊を強化した」と述べた。

同州の交通の要所バフムートに近いソレダルの攻防では、ロシア側の主力となった民間軍事会社「ワグネル」のエフゲニー・プリゴジン氏が11日に「掌握」を表明。ロシア軍も13日に制圧を発表したが、ウクライナのゼレンスキー大統領は「激しい戦闘が続いている」などとしていた。(キーウ=喜田尚)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加